FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > アスラン・ザラ
       /::.::::::::::::::;i:::::::., ... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / .:::::::::::::::::::::7'´~ `ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      / .: :::: ::::::i:::::/     ヽ::::::::l;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     ,'.::/:::: i :::.:|::::i        ';:::::iト;::::::::::i:::i:::i:::::::/::::::::::l
     i:::;イ:: .::l :: ::|;:::{        ';:::il l:::::::;イ::j:;l:::::/;::::::::::::|     
     l::{ l:::.::::|:. :::!'、::ヽ;=-z: 、   !/!_}::∠//;/}::イ::l:::::::::::::!
     ヽ! ';::::::';:: ::!、K゙イ;ラj''ト、    イ/ィ'ラ;升/;::/::::::::::::::!
      ` ヽ::ヽ:::ヾ、`ゞー''       ` ̄´´/:/:::::::::::::::::{
         フ:ト-ヽヽ,_     i ::::::::     /;イ::i:::::;::::::::i:::ヽ
         /ィ;:::::::ヽ`-     ,       /´//i:::::i:::::;::::ト;:::',
        ´ リ;:::i::::::ト、     __;..,__       !',イ::::::l::::::i::::', `ヽ
          ヘ:l::::::!;> 、  ´ _ `    /i j:;:::::ハ:::::ト、::!
           〉';::::',   ト 、      /  | /7::::/イ::::l ヽ!
           ', ヽ:::',  i   ` ー '´   l r'i:::/ ∧j
            ', ト、`、,ノ          7 レ'   L
         _,..-ヘ ', Yi           /    / ` ‐- 、_
    _ -‐ '´   ∧ ヽ` ‐ 、      ノ   /       `
アスラン・ザラ
原作・出典元 機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
性別
愛称・呼び名 ヅラ
一人称
性格 生真面目で悩み深い
特徴 デコが広い
備考 親友:キラ・ヤマト
元婚約者:ラクス・クライン
  

アスラン・ザラ(Athrun Zala)は、『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』の登場人物。キラ・ヤマトと並ぶもう一人の主人公である。

概要編集

プラント評議会の重鎮パトリック・ザラの一人息子であるコーディネイター。『SEED』時点で16歳。母レノアを「血のバレンタイン」で失ったことを切っ掛けにZAFTに入隊し、エリートの証たる赤服を受領する。キラ・ヤマトとは月の幼年学校の同期で、無二の親友。ラクス・クラインは親同士が決めた許婚である。

生真面目な性格で、電波分や毒気もほぼない常識人。しかしその生真面目さが災いして、周囲の思惑や上司の無茶ぶりに振り回されがちな苦労人でもある。端的に評せば「義理と人情を秤にかければ義理に傾くが、非情に徹しきれず、悩み抜いた末に人情に走る」といったところ。

戦闘・操縦技術共に高く、特に射撃に秀でているが、搭乗機は近接戦寄りの仕様が多いのであまり目立っていない。そして何故か彼の搭乗機は自爆・被撃墜によって原型を留めぬまでに大破することが多い。機械工学にも明るく、キラの「トリィ」やラクスの「ハロ」は彼のお手製。

額の広いキャラデザインと、苦労人というポジションから、視聴者からは「ストレスで生え際が後退している」と囁かれている。「ヅラ」という蔑称は、苗字の響きと、この若年性ハゲ疑惑、そして実際に「ヅラ」という渾名を持つ桂小太郎と担当声優が同じ石田彰である事から付けられたものである。

SEED編集

クルーゼ隊の一員として連合の「G」強奪作戦に参加した際、民間人として居合わせていたキラと思わぬ再会を果たす。キラが成り行きで地球軍に身を寄せたことで状況は悪化していき、遂には互いの友人を殺し合ってしまったことで本気の殺意を抱く。そして遂に親友を殺してしまった罪悪感と、戦地で出会ったカガリとの対話を経て、自らの正義を見失う。その後、反逆者として追われる身となったラクスを捕捉するが、逆に彼女から喝を入れられ、キラの生存を教えられたことで奮起し、キラと和解。ZAFTでも地球軍でもない第三勢力として、ナチュラル殲滅を考える父を止めるために奔走する。

搭乗機はイージス(自爆)→ジャスティス(自爆)。

DESTINY編集

ラクスと別れた後はオーブへ移り、カガリのSP「アレックス・ディノ」として活動していた。ブレイク・ザ・ワールド事件で揺れるプラントを見過ごせず一時帰国するが、そこでデュランダルに懐柔され、特務隊としてZAFTに復隊し、ミネルバに乗艦することになる。シン・アスカとの関係や、復活したキラ達アークエンジェル隊とのすれ違いに悩みつつ、C.E.73の動乱を戦い抜く。

搭乗機はセイバー(大破)→インフィニットジャスティス。一時的にザクウォーリア(小破)とグフィグナイテッド(大破)を借用したこともある。

やる夫スレにおいて編集

やる夫スレにおいては、キラやラクスほどの強烈な個性はなく、いたって常識的な人物として描かれる事が多い。原作通りにキラやラクスと絡むことも多いが、その扱いは天然なキラに対するツッコミ役、暴虐なラクスに頭の上がらない小心者など、常識人、苦労人属性を更に強めた物となっている。

主な作品編集

関連項目編集

  • 桂小太郎 - 同じ声優が演じており、アスランが「ヅラ」と呼ばれる原因の一つとなっている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki