FANDOM


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、、 .、j,t_)ヽ,j,-f,/{_   'l: :::l l:: ::: ::::: : :: :: : : : :: ::::::: : : : : : :r'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽゝ jz/i,.,;__ノ;;,'.,(,_   l::::j l:::::: : : :: ::::: : :: :: : ::::: : ::: : :::::/    ,_,-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     `ヾ),.`=─ ヽ;,.;;'(,._  l: :l l::::: :: ::::: : : :::::: : : ::::: : ::: : :::l  /'´{
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         f ρr= ̄ノ;,'l:::(,_  ノ: ノ j: : :: :: : :: ::: ::: : : : : :: :::: : ::Y'´: : : :t,.    /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::            rl;  f≡ /;,;l::::て f: :f: ::l:::: ::: : :: : :::: ::: : ::: : :: :::: ::ソ: : :: : : : : ヽz-ノt_
::::::::::::::::::::                ヽ/ナ´ /;'';ノ:::テ   l:/::: :j: :: ::: : :: : :::: ::: : ::: : :: ::::ノ: : : ::: : ::: : ::: ノ: : : :t---ノ
::::::::::::::::::::                    ,/;,,./::::> ,ノf::::::{::: ::::::: : ::: : ::: : : :: : ::::: :ノ:::: : : :::::: ::: : ノ:::: : ::::: ノ^'´
                        / ;,,/:::::lt- `f::::::え:: ::::::::::: :: : ::: : : :: : ::ノ::::::::: :: ::::::::::::,-':::::::: :::::/
:::::::::                     ,/,;--{::::::r´人j::::f´::り丿:::::: ::::: ::: : : ::/:::::::::::::: ::::::::''''''´⌒ヽ:: :f´
                        {,,, ̄ f:::::::`:::::::::::リ:::ij:::::::::::::::::::: ::::/''::-z_::::::::::: ::::::::(::::::::::::::::::{´
          、-'`r´          ヽ,,て \::::::r´:::::::::::::::ノj::::::::::::: :::::::::ヽーヽ::::::::: :::::::ノ::::::::::::ft_f、
         _ミ  ミヽ           ヽ`ヽ{;;;;;;;ヾノヽノ;;;;j;;;l;;;;_,;/:::::::ノ:::::j;;,, ̄'z,テ\:::f´:::::::: 〆 ̄ヽ)
           /Wl)ili             \_;;;;;;;;;;;:フ::::\;;z-'´ ̄;'.;'';,.,'/;,ノ;;;;;;;;':::::fz= ヽt:::::::f
           :ハリ!、            /~´ ̄`  ( ソ;,'.;';,,.;f;;;;;;;;と‐‐z_;;;;;;;;;:::::::t= \:::{
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::::::|          rヘメt'^^Y^^ f{;;;;;;;;{,,,';.,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;テ`^^ヽ  ヽ;;;;;;;:::f= f/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 丶、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;f^lfjYソ     ` ̄´⌒ノ´;;,zー''^~´;,,.;,ノ    ヽ;;;;;;;,.';,}
⌒ヽ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::/     \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;弌        z-'f__´ヽj^~_,_,z_,fー´        ヽ;;,.';,ノj
         `~``''=--''"^r'-z' ̄ヽ;;;;;;;;;;;;\j^ ̄/_ ̄\) (フヽf=-^~';';';';';',,--ー―'f^ ノ } ̄\_,--ソ ̄
            | | | ̄^'''ヽ;;;;;;;;;;ソ ,-;;   ヾ-Y^;;;;;;;; /^ (>ソ⌒ ̄^丶 -z_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ --^ヽ;;;;;;;\
       旦旦 ̄| | |Yヽ;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;        /ミ ̄ヽ;;;;;;       / ̄^Y ̄I;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
りゅうのほろんだひ
作者 ◆Q9Xpbw9cPk
ジャンル ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2011年2月11日
投下板 やる夫スレヒロイン板
状態 完結
最終投下日 2011年9月11日
話数 6話
主な登場人物 できる夫水銀燈狩房淡幽やらない子やる夫
  

りゅうのほろんだひは、オリジナルのファンタジー系中編やる夫スレ

作者は◆Q9Xpbw9cPk。2011年2月11日から9月11日にかけて連載された。

あらすじ編集

かつて、この地に竜という種族がいた。……今はもういない。

人類がその生活の場を外宇宙に移してはや数世紀、進化し続けた人類の科学と兵器は母なる地球をも蝕み、やがて地球は緩やかに滅びへの道を歩みだした。滅びへと向かう中で、かつて人類の進化と共にその姿を隠していた竜やエルフなどの幻想種たちも再び世界にその姿を表し、人類と共に終末への日々を穏やかに過ごしていた。

これは、「最後の竜」できる夫が終末へと歩み続ける世界で出会う様々な恋の物語。

概要編集

終末へと歩みだした地球を舞台に、できる夫や人間達の叶わぬ恋の物語を描くオリジナル作品。

毎話美しくも儚い恋の物語が雰囲気たっぷりに描かれ、子供の頃に読み聞かされた絵本のような読後感を与えてくれる作品である。

主な登場人物編集

  • できる夫 - 最後の竜。かつて恋した少女のために誓った竜族の誓いに縛られ続けている。
  • 水銀燈 - 巨人族の少女。かつてできる夫に命を救われて以来、ずっと彼の横に寄り添い続けてきた。
  • 狩房淡幽 - 旅に出た恋人の帰りを待ち続ける人間。
  • やらない子 - 淡幽の子。母から聞いた御伽噺「千年の魔女と竜の話」に興味を持つ。
  • - できる夫の初恋相手。人の不幸な未来だけを見通す目を持つ魔女。
  • アコニー・ランチェスター - 竜の住処に迷い込んだ元人間。故郷に帰るために果てのない旅を続けている。
  • やる夫 - できる夫の兄竜。はるか昔に妻を亡くしている。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki