FANDOM


ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;              || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | ______
              |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | |        :|
              |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | | 荒巻高校  |
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |
やる夫達は高校生活を満喫するようです
略称 高校生活
作者 ◆7m.CTF/Sgs
ジャンル コメディ
原作 オリジナル
舞台 学園
投下日 2009年5月27日
投下板 やる夫板
やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2009年9月26日
話数 25話
主な登場人物 やる夫やらない夫空条承太郎DIO渡良瀬準ゴルベーザジャイアン荒木飛呂彦
  

やる夫達は高校生活を満喫するようですは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆7m.CTF/Sgs。2009年5月27日から9月26日にかけて連載された。

概要編集

やる夫が通うギコ市の「私立荒巻高校」でのハチャメチャな日常を描いたやる夫スレ。やる夫はショックを受けると顔面が割れるDIOや転校生の男の娘・渡良瀬準など、個性の強すぎるメンバーが沸き起こす騒動に巻き込まれる。かなりフリーダムなギャグ作品である。

特にDIOの存在感は抜群で、高校に通っていたり、クラスメイトの承太郎と仲良しだったり、男の娘好きだったり、中学生の息子(ジョルノ)に扶養してもらっていたりと、そのキャラ付けは当時の読者にかなりのインパクトを与え、「主役はDIO様」とまで言われた。

ギャグキャラ化したDIO以外にも、渡良瀬準を初期に起用した代表的な作品だったり、カオスな学園ものスレのはしりだったりと、やる夫スレの先駆的な要素は多い。

本編完結後にDIOと彼の子供達のルーツを描いた番外編が投下され、さらにその後間もなく、続編の「キル夫が学園都市で暮らすようです。」が開始した。本作であまりにもやる夫が目立たずDIOが目立ちすぎた反動からか、続編ではニュー速出家のキャラ達の主人公度合が上がっており、主人公を譲り渡したやる夫も、歳を重ねて頼りがいのある大人へと成長している。このやる夫のキャラ立ちにはスネーク先生からの影響が大きい。

登場人物編集

荒巻高校生徒編集

荒巻高校教師編集

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki