FANDOM



                   i|
                 ─i|─
                   i|
 \ │ /          i|
  / ̄\              ∧
─(     )─        i:l;;i,
  \_/          i::l;;;;;i
 / │ \        i:::l;;;;;;;;i
               i::::l;;;;;;;;;;i          ノ⌒`'"~"'ヾ、,,..__ _ __
`'"~')、.,_,..、         i:::::l;;;;;;;;;;;;;i   - -ー'⌒'`^       `ゞ'"~
    .,:;ソ.,_       ,i.,/ヘ~~""''''ヘ、    _,.ゞ.,_,.ノ'"~"'(.,_,.ソ"~ '
人.,_,.)   ⌒):、,_    </i~~""'''';;i'~
ソ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`"' ー|i:: i;;;|::|;;|:::l;|                         「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、
              |i:: i;;;;;;;;;;;;;;∧                       これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
 _ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ|i:: i::::::::/'//ヘ    
   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ' |i:: i:::::/;// ::::ヘ   
             _,.|i:: i::/;//:::::::::::ヘ  
           .//''~`|i_,,l/// :: :::: ::::::ヘ  
`⌒',=-      //     // :: :::: :::: ::::::ヘ  _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~
`'"~       //     // :: :::: ::::: :::::: :::ヘ    ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,'"~"'
         //     // :: :::::((⌒)):: ::::::ヘ              (_,.
        .//     // :: ::: :::((.,_,.)):::::: ::::ヘ               ヾ、.,__ソ^`
       //     // :: ::: ::::::: :::____::::::::::::::::ヘ_______
      .//     // :: ::: :::::::::::ノ/\::::::::::;;:;;ヘ;;;;;;;;;;_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\
      //     // :: ::: ::::::::ノ/ : :: :: \:::::::;;:;;ヘ;;;;;;;;;;;;;i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\
     .//     // :: ::: :::::ノ/ : ::::::::;::;;;:;;;;\:::;;:;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i\
    //     // :: ::::::ノ/ : :::::::::[ † ];:;;:;;;;;;;;\:;:;;ヘ;;;;;;;;;;_,i,_,i,_,i,_,i,_|
   .//_,,..、-‐''"~|: ::::::ノ/ : :: :: :;::;;;:;;;:;;;:;;:;;:;;;;;;:::;;;;\:;ヘ;;;;;;;;;;;::::;:;;;;::::;;:::::::::::::|
  <_,,i:      |:::ノ/:::::::;:::::::;;;;::::y'⌒ヽ.::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;\`:::;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;:: : |
    :l: /ヘ ./^i |::[{}[:::::::::::::::;::::::://\.\::::::::::;;;;:;;;;;;;]};:|[][][]|::::|[][][]|_i :|
    :l:_i l | i l | _|:::| ヘ:::::::::::::;::;;/ ./i;;;;ヘ:::ヘ. ヘ::::::::::;;;;:;;/ .|[][][]|::::|[][][]|i_: |
    :l: i l | i l |_ |:::|''"|:::::::::;::;;/ ./;;;i;;;;;;;ヘ:::ヘ. ヘ ; :::;;;;:;;|| ; |[][][]|::::|[][][]|_i :|
    :l:_i l | i l | _|:::| :|::::::::::::;;| |;;;;;l;;;;;;;;;;|::::|| | ;::::;;;;:;;|| ; |[][][]|::::|[][][]|i_: |
    :l: i l | i l |_ |:::| :|::::::::::::;;| |;;;;;i;;;;;;;;;;|::::|| | ;::::;;;;:;;|| ; |[][][]|::::|[][][]|_i :|
    :l:_'~~  ~~ .:;|:::| :|::::::::::::;;| |;;;;;i;;;;;;;;;;|::::|| | ;::::;;;;:;;|| ; ]~~~~]::::]~~~~]i_: |
:::::::::::: i:_     .:|:::| :|::::::::::::;;| |;;;;;i;;;;;;;;;;|::::|| | ;::::;;;;:;;||:::::::::::::........      |:::::::::::::::
;;;;;;;;;;;; |:_      |:::| :|::::::::::::;;| |;;;;;i;;;;;;;;;;|::::|| | ;::::;;;;:;;||::::::::::::::::::..............   |;;;;;;;;;;;;;;;
~"'~~"`'" ̄ ̄ ̄~~"'" ̄ ̄"`~ ̄ ̄ ̄ ̄"~ ̄ ̄'~~"`" ̄ ̄"~"' ̄ ̄"~~``'" ̄ ̄

やる夫達はお嫁さんをもらうようです
作者 ◆DnNWVnMRYc
ジャンル サスペンス コメディ
原作 オリジナル
投下日 2011年7月3日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年6月11日
話数 59話
主な登場人物 やる夫 やらない夫 アスラン・ザラ 阿部高和 暁美ほむら
まとめ AAまとめブログ
やる夫まとめもZ
  

やる夫達はお嫁さんをもらうようですは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆DnNWVnMRYc。2011年7月3日から2012年6月11日にかけて連載された。

あらすじ編集

人口が減少した近未来、政府は悪法であることを承知の上で一定の年齢に達した男女に結婚を強制する「結婚プログラム」を施行した。

結婚に興味を持てないやる夫は、親友のアスラン・ザラに諭されてばかりの毎日。そんなある日、やる夫のクラスにやらない夫が転校してくる。結婚相手もいないのだから一緒に「お見合いキャンプ」行きだと盛り上がるやる夫たちだが…

概要編集

人生の一大選択である「結婚」を強制される世界、結婚に興味が持てないやる夫と周囲を中心に物語を即興投下で描く。各キャラの結婚に対する価値観、同性愛者、障がい者の結婚といった要素、さらには殺人といったサスペンスまで絡めた全体的にシリアスなストーリーだが、笑えるコメディもプラスされている。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。