FANDOM


               |! トヽヽ,\__ __,、
                  f ,i !- ':´  ̄ ̄ヽ. ヾト ィ',ィ, ,.ィ__
               __∠    ― 二 =、 ヾY,}:i:iK '`  `てイーzィ
            `斗レ'   ¬ .<ヾト、 Y}:}:j厶- - 、      `t__
           __ノ’ ,.  --、ヽ.\ヽ:Y!iv厂 --一- ``、      `^戈__,>`ヘ
          __Z   , ィ'´fiミ__Yiいヽ!:リ√ィ彡r '´ ̄´¬丶ヽ、   X. i{     ',
       ___)    ≦ 'ラ_{(・)}j川 kソ个rイ〃 '// _ヽ ヽ.     ヘヾ       }
       _,)'/,  z 彡rシ ソソ:`,ソ:' メ⌒i. j ‐、ヾi i,.ィ_'ニ二ヽ,  ヽ    }:i    /
      勹/〃,  -ー彳´ ;/¨:::`::く._    ヾ Yij{(・)>= ≧ヾ:ヽ:ヽ ヾ,  `ミゞ--:r'
       之. イ/ / , ゙ ,' {::f⌒}::,':::::::::ヽ  ,丶 `iヾ三ぐ¬ミド} }ヽト :}    ゞミ(^
     'ライ〃i;' ,'   ,' :v'ヾ| ,ノ:::/⌒!:::/    ,.i トヽヽ丶`  ヾミ:ヾト、   ヾヽミi}
    _,メィ/;:イ ' /  ;i: i! ヽ.. ー' ¬'Lイ ji ,i   ,i.l }: ヽ丶``   ヾ ヽ \:.ヽ:トゝ
   __Z イィ /i ,〃 /!i iト .,___ ヾ´ '’ ,八 ヽ }!   \ヽ`    \、ヾ :,ハ ヘ,
   ブイ〃//i ,:/:, ハ1i: ,>'‐L/7'ァ-ァァ'个 、 ヽ ヾ     c ヾ` 、`: ミト、} ハ メゝ
  厶'〃// ,' ,.イ ,' / 'i:iハ.y' {_  ̄ ブZ j:j:ヽヽ__,ィこつ ヾヽ、   ヽ. \  ヾト、ヘN
   ,ノiii/〃/ ,'/ ,' ,: ,' i:{,ハ!  7ー'´/り } :ト、  ̄´  ヽ   \ヽ`: \ヽ`\ヘヘ!
  ,jハ/:〃/〃/〃,' ,' ,'iハ/`ト、/__,_,_仄! .Nト、\ ヾミJヽト、ヾ` ` ヾ``ヾ``ヾ``ヾし!
  , イ:〃/〃/〃/〃;ハli `'く,_l,」jノ┘iト :i: j: ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾミ三;く
  ,ノィ〃/〃/〃/〃〃,':ヾ= ーz i 、トヾi: .:|:. ! i  i:.i:. i:.ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾミ::(_
やる夫達の村に羆嵐が吹くようです
作者 ◆7m.CTF/Sgs
ジャンル 歴史
時代 1915年
舞台 北海道
投下日 2012年4月30日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年5月2日
話数 4話(番外編3話)
主な登場人物 やる夫ねらう夫デューク・東郷
  

やる夫達の村に羆嵐が吹くようですは、三毛別羆事件を描く歴史系中編やる夫スレ

作者は◆7m.CTF/Sgs。2012年4月30日から5月2日にかけて連載された。

あらすじ編集

大正4年・冬。北海道は三毛別(さんけべつ)・六線沢。本州からの開拓民が、ようやく見つけた安住の地で、子供が一人死んでいるのが見つかった。

――それは、数日に及ぶ惨劇の幕開けだった。

概要編集

人里に現れた羆(ヒグマ)により7名が死亡、重傷者3名という、日本史上最大の獣害事件「三毛別羆事件」を描いたやる夫スレ作品。スレタイの由来は本事件を題材とした吉村昭の小説「羆嵐」(くまあらし)。

ウィキペディアの項目「三毛別羆事件」も参照のこと

氏が普段投下している作品群とは大きく趣が異なり、シリアスに、丹念に、記録から読み取られた実際の事件の様子を描いている。事件そのものの凄惨さゆえに、AA表現も残酷・グロ要素が強いため、苦手な方は閲覧に注意が必要。2012年4月20日に死者2名を出した秋田八幡平クマ牧場事件の直後に投下されたこともあり、多くの注目を集めた。

本編終了後、作者作品でおなじみのキル穂佐々木コンビを案内役にした、別の熊害事件について描く番外編も投下されている。

番外編編集

番外編で紹介された熊害事件

  • 石狩沼田幌新事件 - 大正12年(1923年)8月21日から8月24日にかけて発生した。集落で行われていた祭に羆が乱入し、開拓民の夫婦や漁師たちを襲った。死者4名、重傷者3名(うち1名は病院搬送中に死亡)という、三毛別事件に次ぐ犠牲者を出した獣害事件。
  • 札幌丘珠事件 - 1878年(明治11年)1月11日から1月18日にかけて発生した。冬眠中の羆を漁師が狩ろうとし失敗、怒り狂った羆によって集落が襲われた。死者3名、重傷者2名という日本史上では3番目に犠牲者を出した獣害事件。[1]
  • 福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件[2] - 1970年(昭和45年)7月に発生した。福岡大学ワンダーフォーゲル同好会の若者5人が登山中に羆に遭遇、その後の対処を誤った[3]ために死者3名という犠牲者を出した。犠牲者の一人が死の直前まで記したメモは、内容のあまりの生々しさから有名。

埋めネタ編集

  • グリズリーマン - 2005年のアメリカのドキュメント映画。この映画はグリズリーを熱烈に愛した自然保護活動家によって撮影された映像が大半を占めている。しかしその結末は、彼とその恋人がグリズリーに襲われ、死亡するという凄惨なものとなった。


外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. 後日、明治天皇が狩られた羆の剥製を見学したことで、三毛別事件以降も「日本最大の獣害事件」という印象を持たれていた。
  2. 正確にはワンダーフォーゲル同好会だが、事件名としては「部」という名称の方が知られている。
  3. ただし、これは熊に対する研究の進んだ現在だから言えることでもある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki