FANDOM


   (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
 (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...^^
(             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ
          `ヽ         /  |´            , へ
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
 (    '    ⌒⌒       /       ./       ヽノ
  ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ⌒⌒ .. .
(⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |
        .:.:.... .... /         /  .... .:^^.:.:. . ... | ... :. .:.:.:.: .: ....
   .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
.. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i   ^^
         /       (⌒ 、   .. ..⌒⌒.:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...
  . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\      夏の日差しの中、海鳥達に挨拶をした
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\            バイド
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     そして、私は悪魔の巣へ侵入した
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、                       (回収されたボイスレコーダーより)
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
やる夫を迎えてくれるのは海鳥たちだけなのか?
作者 トリップ無し
ジャンル ゲーム
原作 R-TYPE FINAL
投下日 2009年6月29日
投下板 パート速報VIP
状態 一話完結
主な登場人物 やる夫できる夫やらない夫麻呂
まとめ やる夫短編集 あしゅら編
  

やる夫を迎えてくれるのは海鳥たちだけなのか?は、アイレムソフトエンジニアリングのSTG「R-TYPE FINAL」を原作としたゲーム系短編やる夫スレ

作者のトリップは無し。2009年6月29日に投下された。

あらすじ編集

R戦闘機パイロット・やらない夫は、一足先に出世した訓練生時代の同期・できる夫のオフィスへ呼び出される。できる夫は「バイドとは何か?」という疑問を持ちかけた後、やらない夫に緊急連絡を伝え、出撃を要請する。

つい先ほど、地球へ向かっている小型のバイド反応が確認された。そしてそれがバイドに汚染されたR-9K・506号機――2人の友人であるやる夫の乗機だと判明したのだ。1人バイドの中枢部へ向かい、破壊に成功して、たった今太陽系へと帰還したのであろう英雄の……。

バイドを地球に入れるわけにはいかない。やらない夫は感情を押し殺し、506号機撃墜のため出撃する。
その頃、「悪魔の巣」から地球へ帰還した1人のバイド体は、真っ赤にくすむ”夕暮れ”を見つめていた……。

概要編集

R-TYPE FINAL」Bルートエンディング「夏の夕暮れ」を原作とした短編。パート速報VIP時代の短編投下所に投下された。

「人類を救うべく次元を超えてバイドの巣へ乗り込み、死に物狂いで地球に戻った主人公を待っていたのは、自機を狙う無数の波動砲だった……。」数あるSTGゲームでも屈指の鬱エンディングとして知られる「夏の夕暮れ」の無常観を、最低限の簡潔な描写で描き出している。

主な登場人物編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki