FANDOM


     / ̄ ̄\ 
.   ./   _ノ  ヽ 
    |    ( ●) (●) 
    |      (__人__)  ∫     秀次の悪行の数々は 
    |     `⌒´ノ ∬      ほとんどデマだろう、ということ 
.   ヽ         } | ̄| 
     ヽ     ノ |_|) 
____/      イー┘ | 
| |  /  /     ___/ 
| |  /  /      | 
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 


         ____ 
       /::::::::::  u\ 
      /:::::::::- 三. -\ 
    /:::::::::: ( ○)三(○)\ 
    |:::::::::::::::: ゙)(__人__)ル ゚。 ゚       コイツ、本編のテーマを全否定しやがったおっ 
    ノ::::::::::u ゝ'゚      ≦ 
  /:::::::::::::::::≧       三        だって、秀次が暴れたから「殺生関白」なんだお!? 
 |::::::::::::: l  u -ァ,       ≧ 
 ヽ:::::::::::: -.イレ,、       >  ブハッ 
  ヽ::::::::__ ,≦`Vヾ  ヾ ≧ 
やる夫は関白になるようです
作者 ◆9OJ5kobjaA
ジャンル 小説
原作 司馬遼太郎『豊臣家の人々』より「殺生関白」
時代 1568年~1595年
投下日 2010年3月2日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2010年3月24日
話数 全2話
主な登場人物 やる夫やらない夫ジョセフ・ジョースター
  

やる夫は関白になるようですは、司馬遼太郎の歴史小説『豊臣家の人々』の第一話「殺生関白」を原作にした中編やる夫スレ

作者は◆9OJ5kobjaA。2010年3月2日から24日にかけて連載された。

あらすじ編集

尾張のくに、知多半島の根元に、大高という松杉の古寂びた在所がある。
戦国の頃、この大高村に弥助という農夫がいた。嫁を探していた弥助は、中村在におともという名のかっこうの相手がいると橋渡しされ、縁談がまとまる。
こうして大高村の弥助と中村郷のおともは夫婦になった。
お互いにただの農村の出であり、本来ならば平凡な農民としての生涯をおくったであろう。
だが、運命は弥助一家に平穏な一生を許さなかった。
おともの弟であり弥助の義弟となった男の名こそ木下藤吉郎。のちの「豊臣秀吉」である。

そして1568年、弥助とおともの間に子供が生まれる。
当時、子のない秀吉にとって、もっとも自分の血を濃く受け継ぐ後嗣候補・秀次の誕生だった。

概要編集

「殺生関白」と仇名された豊臣秀次の生涯を描いたやる夫スレ。原作よりも登場人物を絞り、その分、登場人物と秀次との接点を濃く描いている。そのため大筋で原作の通りながらも、かなりオリジナリティーのある作品に仕上がっている。

本編が終わった後に解説役のやらない夫が提示する秀次像は、いろいろな面で示唆に富んでいる。

主な登場人物編集

  • 豊臣秀吉(ジョセフ・ジョースター - 天下人。血族に恵まれないのが悩み。
  • 豊臣秀次(やる夫 - 秀吉の甥に生まれたことで、人臣として望みうる最高位である関白の座に就く。
  • 宮部継潤(L - 5歳の秀次を養子にする。実際は人質で、のちに秀吉の元に返還される。
  • 田中吉政(夜神月 - 宮部家の家臣で秀次の養育係となる。それが縁で豊臣家に戻った秀次の家老として引き抜かれる。
  • 玄隆西堂(できる夫 - 秀次の文事担当の学僧。秀次失脚後も最後まで行動を共にする。
  • 木村重茲(ハマー - 関白になった秀次の家老となる。秀吉から精神的に独立し、秀次独自の人格を持つよう勧める。
  • 菊亭晴季(麻呂 - 大納言。秀次に娘と孫娘が母子併姦されたと秀吉に訴える。
  • 石田三成(オーベルシュタイン - 秀吉の股肱の臣。秀吉の命で関白となった秀次の素行を調査する。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki