FANDOM


         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \      血統ではなく、鍛錬こそが馬を強くするんだお!
     |       (__人__)   | 
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |
やる夫は鍛えて最強馬を作るようです
作者 ◆avgIEtRvig
ジャンル 競馬
原作 戸山為夫「鍛えて最強馬を作る」
時代 1932年~1993年
投下日 2012年2月25日
投下板 やる夫板II
状態 一話完結
主な登場人物 やる夫
  

やる夫は鍛えて最強馬を作るようですは、「鍛えて強い馬を作る」という信念のもと、すさまじい板路調教でミホノブルボンを最強馬に作り上げた調教師・戸山為夫の生涯を描く短編やる夫スレ

作者は◆avgIEtRvig。2012年2月25日に投下された。

概要編集

板路調教、持ち乗り制の活用、厩舎改革等、現在の西高東低の状況を語る上で、最も重要な調教師の一人、戸山為夫の物語。

主な登場人物編集

  • 戸山為夫(やる夫 - 元騎手。32歳の若さで調教師免許を取り、厩舎を開業する。
  • 岡野初蔵(ダディクール - 戸山の厩舎に馬を預けてくれる馬主。一人娘が戸山の妻となる。
  • 谷水信夫(やるオプーナ - タニノの冠号で有名。のちにカントリー牧場を開設する。
  • 安永司(キル夫 - ミホノブルボンの担当厩務員。
  • 小島貞博(できる夫 - 戸山厩舎の所属騎手。デビューから引退までミホノブルボンの手綱を取る。
  • 渡辺栄(やらない夫 - 競馬のトレーニングに関しては、戸山と同じ考えを持っていた調教師。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki