FANDOM


                                   /:::::::::::::::::,:´: /: : : : : : /ヽ: : : :}: \∧
                                    ,':::::::::::::::::/: :./: : : : /.:./: / /: '⌒ヽ: : ':, j
                                      i :::::::::::::::,': :./: : : : //{: :{: | ∨: : : } : : ',
                                  |::::::::::::::::i: : {.: : : :7` 、i: ∧! '; :}: :.j: :_: :}
       ., -‐ '´ ̄ ̄ `ヽ、                     |::::::::::::::::{;=、{.: : :.ムぅォx、\{|   j∧:./: : j: }
.      //" `ヽ      \ .へ,,._            l:::::::::::::::::{´ヽ\: {. i::ぅ/    厶斗l: : /: j
    ./ /     `ヽ、   /`,'/_/ ̄_廴       .| :::::::::::::八___   ` `´     /:r,' }::/}: ,′
.    /  /      ‐-ト y.└‐{   /   `       |::::::::/::/:::::::::∧ ´´´    :,  `゙' /j/ .}/
.   l ハ l /     ● l  }-、ヽ     }-' ノ       .l :::::/::/:::::::::/::::|\  (+` ,ァ ´´ /
.   l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!.ヽ    ノヽ\.       ,' :::/;:-‐- 、/_:::/`゙ー>. __ ..   イ
.    レvl⊃   r´`´ヽ  l  }._,,..-―――‐-..,,_ヽ   ./::::/     //: \: : : : :Y: :|:_:::::::|
.     i 、  ヽ、_,ノ . ,,-''´              `ヽ . ./:/      .//.: : : :.\_:_:_|/: :',ー-、
r- ,_   」 ヽ , ____,../     u          u ヽ、 ヽ __  //: : : : : : : /∩\: :',.  ',,...--――--- 、,,,_
l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l./    -..,,_       u   __    '., ..},=、ソ/: : : : : : : : \∪/: : :Y }            `ヽ、
. ヽ、  .l l l ', ', \ ./       `゙''‐' ′ ヽ-'"        ', .:::::ハ/: : : : : : : : : 、__〉〈__; : : :.} }.‐` ̄ ̄ ̄``‐-、     \
   .`ー.l_l_l__', ',__..,'   ━━┳━.三三三━┳━━   ',::::::::{: : : : : : : : : : : : :} {: : : : :.j__」 ,.、∩'''``∨~``'T -二;:、_   `‐、.,,__,..
            l          .三三            l.:::::::{: : : : :、_: : :_:,: : :.o: : : :_:ノ .}   .∨      l  /.メ、':、     ノ
            |    ====≡ 三三. ≡====    |.::::::{: : : : : :  ̄:. : : :.o: : : : {  |         │  '´  フ')--- 、/,
      _,rーく´\',         /       ヽ         l::::::::{: : : : : : : : : : : : o: : : : {  }.../.>‐、_.     │    '´.ヽ ̄>7ノ
    ,-く ヽ.\ ヽ ヽ.、, --、  {     ,.、   }       ,'.!:::::::::',: : : : : : : : : : : :/、: : : :.}  ',.;;/  ,}'‐、,.   l.       ';~ : ://
    丶  l _」_ノ‐´ ヽ /   ゝ-''´+`"干v'ヽ  u   ,.'.:l.';:::::::∧: : : : : : : : : :/ !: : : :',  ',.l   /;;;;;;;;;`'‐,L........,、、、-;ュ  l: : //
    | ゙ー'´        .l .'',-..,,  └-‐‐‐‐‐‐‐''"   ,,..-'':::::l. ∨:::::::}.: : : : : : : :./   ':,: : : : ',  !.{._ .ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  l;;;;;;;;;;;l_l、.-i、//
     !          !./ゝ `ミ''―‐―――― 彡ノヽ :::::!  \:/ : : : : : : : / ∧ ':; : : !  }''"'-、;;;;;;;;;;;;;;;;{  /_,、- ' ,:' , .}/
.     !       ,ャ==< .\   ̄ キ三≠ ̄ /  ヽ :|   / : : : : : : : / ///\{: : : :',   ',.:::::::::`ヽ、;;;;; ゝ‐'゙´::::::,,;;'':;;':::、レソ
    丶    .〃_Λvγ′ . \    ◎   / /  j  ヽ ./ : : : : : : : /7//////∧:. : :.',  ',.:::::::::::::::::`''‐ 、;;;;;;;;;;、 -‐''`´ /
.       ≧z-《、|__wヽ´゚・                /  .    `ヽ : : : : : : /|:////////∧: : : ',  }┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;l
        /     。・ ゚・                 /          ヽ: : : : /l |:///∧////∧: : :.',//:};;;,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;; 'l
やる夫は貧乏魔法使いのようです
作者 ◆IpLbg5mayE
ジャンル ライトノベル
原作 吉村夜『ハーモナイザー・エリオン』
投下日 2011年7月15日
投下板 やる夫板2nd
状態 エター
最終投下日 2012年9月6日
話数 42話
主な登場人物 やる夫佐倉杏子ちゅるやさんメタナイト
  

やる夫は貧乏魔法使いのようですは、吉村夜のライトノベル『ハーモナイザー・エリオン』を原作とした長編やる夫スレ

作者は◆IpLbg5mayE。2011年7月15日から連載されていたが、2012年10月22日に、登場人物批判のレスが多いことによるモチベーション低下を理由に作者が事実上の打ち切り宣言を行った[1]

あらすじ編集

8年間の修行の末に、魔物と金銭契約を結び使役する『調和術師(ハーモナイザー)』となったやる夫は、最強と謳われる炎の魔神・杏子を呼び出して、契約の維持に一月に金貨百枚、実際に彼女の力を借りる際には一回につき金貨1万枚支払うという契約を結ぶ。大金を稼ぐためには杏子の力が必要、杏子の力を借りるには大金が必要となり、結局やる夫は自力による資金繰りに奔走する羽目に……

登場人物編集

やる夫たち編集

  • やる夫 - 主人公の駆け出しハーモナイザー。金にがめつく、ハーモナイズの力を用いた一攫千金を目論む。
    • 杏子 - 絶大な魔力を誇る炎の魔神。月に金貨百枚という法外の報酬でやる夫と契約を結ぶ。
    • ちゅるや - 口が悪い月光妖精(ルーニー)。砂金を生み出す力を持つ小人。
    • 黒騎士メタナイト) - 凄腕の暗黒騎士。誇り高く、自分の気に入らない命令は受け付けない。
  • 遠坂凛 - やる夫やシャルの師匠。凄腕のハーモナイザー。

ネブラ王国編集

ネブラ王(ギルガメッシュ)に仕える8人の魔法使い。2つの派閥に別れ、権力闘争に明け暮れている。

  • 幻海 - 筆頭宮廷魔法使い。7系統以上の魔法を修めた凡庸魔術師(ソーサラー)で、幻海派を率いる。
  • ルルーシュ - 水術師(アクアメイジ)。ネブラの守り手で、貴族。
  • ルイズ - 風術師(ウィンドメイジ)。ルルーシュの妹。口が悪い。
  • ジェイド - 鉄華術(ガダルー)の使い手の魔剣士。数少ない常識人。
  • 長門有希 - 消散術(イレイズ)の使い手。くいしんぼう。
  • シャルロット・デュノア - 魔道具を生み出す道具術師。やる夫の幼馴染。中立派。
  • やらない夫 - 造命術(クリエイション)の使い手。自作の人形を操る。やらない夫派。
  • 朝倉涼子 - 死霊秘術(ネクロマンス)の使い手。性格は攻撃的。やらない夫派。

外部リンク編集

脚注編集

  1. その後、スレ埋めとして番外編である「セイバーの鎧」の連載が2013年3月8日より始まったが、同年3月20日を最後に作者の書き込みが途絶え、9月25日に作者により過去ログ申請がなされた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki