FANDOM



.      ┌一´ ̄`ー┐
       \_____/
.          l     |
         , L _」
.      /⌒  ⌒\
..,ィ^ヽ  /( ●)  (●)\
{ |  |/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
ヾ__, |     |r┬-|     |
. l l  \     `ー'´    /
./`ヽ__/ >ー ‐-- '´ \
ヽ_ ノ / {>ロ<}  _ ノ  }
 l_lヽ/   /o   o〈_|__ノ,
   /   /o    o      ',
  〈   /o     o      |
   \l________/
     ヽ_/    ヽ_/
       |ー'|       V⌒)
やる夫は怪物料理の名コックのようです
略称 怪物料理
作者 ◆LMOnTr0Bc6
原作 オリジナル
投下日 2010年4月3日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年7月17日
話数 62話+番外編多数
主な登場人物 やる夫やらない夫夜神月真紅水銀燈
  

やる夫は怪物料理の名コックのようですは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆LMOnTr0Bc6。2010年4月3日から2011年7月17日にかけて連載された。

あらすじ編集

人間界で料理人として修行を積んでいた狼男のやる夫は、ある日魔界に呼び戻される。
そこで彼に言い渡されたのは「人間界に留学する魔王の娘・真紅に仕えよ」という命令だった。
親友の人造人間・やらない夫、吸血鬼の夜神月と共に真紅のお供となったやる夫は、人間界の「設楽場町」という町で暮らすことになる。
そこでやる夫たちは、住人たちとふれあったり邪悪な魔物と戦ったりしながら、多忙な毎日を過ごすのであった。

概要編集

「魔王の後継者とそれに従う狼男・人造人間・吸血鬼」という構成が「怪物くん」を連想させる[1]スレだが、ストーリーはオリジナルである(ただしエピソード単位では、元ネタが存在するものもある)。シナリオのレベルの高さもさることながら、登場人物一人一人が魅力的な存在であることが高い評価を得ている。

主な登場人物編集

真紅一行編集

  • やる夫 - 通称「満月の戦士」。かつての魔王戦争で英雄的な活躍を見せたが、名誉に興味がなく人間界に料理の修業に出ていた。
  • やらない夫 - 通称「悪魔の発明」。天才科学者・長門有希が、事故死した弟の魂を宿して造った人造人間。
  • 夜神月 - 通称「不死なるものの王」。吸血鬼の名家の当主。ロリコン。
  • 渡良瀬真紅 - 魔王渡良瀬準の娘。

逆十字家編集

  • 水銀燈 - 逆十字家の長女。やる夫とは両思いだが、お互い純情すぎるため関係はなかなか進展しない。
  • 金糸雀 - 逆十字家の次女。両親の跡を継いで魔物ハンターとして活動している。
  • 雛苺 - 逆十字家の三女。物事の本質を見抜く力を持ち、やる夫たちの正体にいち早く気づく。

やる夫たちの仲間編集

  • 雪華綺晶薔薇水晶 - やる夫の育ての親であるダディクールの娘たち。やる夫を兄として慕っている。
  • できる夫 - 魔王戦争時の、やる夫とやらない夫の戦友。現在は人間界で何でも屋を営んでいる。
  • 泉こなた - ひき逃げに遭い命を落とした少女。やる夫たちが犯人を見つけ出したことで成仏するが、後に神の使いとして現世に戻ってくる。

旧魔王勢力編集

  • 柴崎元治 - 現魔王に敗れ、人間界へ逃げ込んだ先代の魔王。魔力の消耗により、老人の姿になってしまっている。
  • 柴崎翠星石蒼星石 - 柴崎元治の娘たち。現魔王の娘である真紅を敵視するが、次第に打ち解けていく。
  • でっていうアイギスジュウシマツ - 没落後も旧魔王に従う忠臣たち。

誠一派編集

  • 伊藤誠 - 設楽場町界隈の裏社会を仕切る蛇人。やる夫とは親の代からの因縁がある。
  • 阿部高和 - 誠の部下の水棲人間。普段は真紅たちが通う高校で用務員をしている。
  • ゼロ(ルルーシュ・ランペルージ) - 吸血鬼。かつて月とは親友同士だったが、妹の死をきっかけに袂を分かつ。

外部リンク編集

関連項目編集

  • ドーガマン - このスレの支援動画を数多く手がけている。

脚注編集

  1. タイトルに使われている「怪物料理の名コック」も、元ネタは「怪物くん」オープニングテーマの一節である

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki