FANDOM



            | | |

          / ̄ ̄ ̄ \  ペコッ
        /       . \
       /   \   /   \      助けてくれて、面倒見てもらって、こうして送り出してくれて。
      .|   (ー)  (ー) .  |      本当に、ありがとうなんだお
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ



               , -‐- 、.,
            ,. -''"  /  ',  \
          ./ / | /     ', \
          / / ,' |      l ',  ',
        /// /{ |  |_ ',  l   ',      気にする事はない。暇つぶしのようなものさ。
        / // /g从ヽ|_,,,、` ノ ,' } ',   |      ただ、恩に思ってくれているのなら……
       /  /{/そ'、    `'|  // |   |
          / 十"''‐--   /  /  | /|     大成してウォッカを持ってきてよ。
         / //>,   _,,,/ ///ヽ  / |      飛び切り高いのをさ。ビールと摘みのソーセージもね
          |/  |/ `¨''> / ///__)/
            _,、-‐'|/ハ ̄ ̄>ヘ__^">
         ,、-''",、-'ソ_|',_| | /:::/:`/ |
        ,、-'",、-''"::/ |:::ゝ/::::::://  /
     /  イ::|: :|:::::/ /:::|/_:::://   /::\
   /   /|:::|: :|-''"',::::::/:::::\/   /::::::::::ゝ_
  /  /  |:::|: :|´::::::〉/::::::::〉/   /'"´ ,、--、`"''l
/  /    'i::|: :|:::::::/:::::::,、-'/  /   // \',. |
  /     `|: :.|::/::,、-''´::/   /',    ',\  >l| |
/        〉〈, -'"::::::::::::/  /:::::',   \ヽ'´丿 .|
やる夫は大切な人たちを守るようです
作者 ◆wmOdUxRg9I
ジャンル ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2012年9月30日
投下板 やる夫長い理想郷板
状態 現行
主な登場人物 やる夫ニャル子アナザーブラッド
  

やる夫は大切な人たちを守るようですは、オリジナルの近未来ファンタジー系長編やる夫スレ

作者はHATI ◆oRmxhwjhd2。2012年9月30日から連載中。

概要編集

未確認生命体との長きに渡る戦争によって荒廃した地球を舞台に、独り立ちして探索者になったやる夫少年の活躍を描く。

世界観編集

西暦2400年。栄華の極みにあった人類の文明は、突如ワームホールから出現した未確認生命体によって崩壊した。人類は「悪神」と名付けられた未確認生命体との全面戦争に突入し、100年を越える戦いの末に主力を一掃。悪神の根絶は敵わなかったものの、ワームホールの縮小に成功した。だが、長い戦争の爪痕は深く、人口は戦争前の2割にまで減少。多くの技術も失われてしまう。

あらすじ編集

戦争終結から100年後のある日、森の近くの一軒家に暮らすヴォルフガング・シュライバーは行き倒れの少年ニューソクデ・やる夫を発見する。悪神に両親を殺されたと言うやる夫を保護する事にしたシュライバーは、彼に訓練を施した。

5年後。元服の歳になったやる夫は独り立ちを認められる。シュライバーの元を離れ町に向かったやる夫は、遺跡に潜り旧文明の遺産を発掘する探索者としての活動を開始した。

主な登場人物編集

  • ニューソクデ・やる夫 - 主人公。16歳。訓練は受けていたものの、いまだ未熟な面も多い少年。
  • ニャル子 - やる夫が初めて潜った遺跡で出会った女性。やる夫に窮地を救われた縁で、彼と組む事になる。
  • アナザーブラッド - 遺跡で拾った旧文明の情報端末のAI。やる夫をマスターとして登録した。なぜかニャル子には冷たい。
  • 伊藤誠 - やる夫が初めて行った街の酒場「ボートナス」の店主。きれいな誠。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki