FANDOM


        人_ _  , : ': : :/: : : |: : : : :\: : : : : : :、: : : : : : : : -:-:ァ  \  /
    ̄  ̄`Y´    /:_:,: /: : : : : :l: : : : : : :ヽ: : : : : : : 、ー--: : : :≦     X
        !    / ´//: : : : : {∠_V: !: : : :、: V: : : : :ヽ: \:<, -‐- 、 / \
        !     /:/:|: :l: : Vr=示ヽト: : : : !斗、V: : : ハ: : :>'   , -─\_
            /´/: : |: :ヽ: : :ト_ヒ沙 ヽ \:化レ_' N: :|: : /  , '_r 二三ニニニニ
             l: : : ィ: : : ト :ヽ    i} ヽ! `|¨> 、:/ /(ヽ  ヽ二__──-
            /:/ .|: : Ν `リ  __ __   /ん゙  //(⌒ヽ. `ヽ 、_¨ ー-
            ´   |: :イ: :ヽ  ´  ー `  //   レ, .(_ \  ー- ,, _ ̄ ¨
                   レ !: 人ヽ      /!/  / >、 __¨ ー-ニニ_‐‐- 二う
  _             |、_ レ_ >ト > _ ィ  〃  /( ヽ ___¨¨ ─ '' ¨ ̄ ¨¨)`ヽ
_¨´_)   ___      {.ヽ    ノ∧ ,--、. /`!!  /(´ヽ- ____ 二三三─'¨
  ̄ ̄ `   ノ      \ヽ  / ̄./   /  !! 〔/ |` ─-- ,, __ノ  /
  ,L --‐ ' __ -‐'ヽ     ' ,' , |  /   /  !! /  !           /
../ / ̄ ̄   /  , -‐- 、 \| ./   .{  /!! ||   ',           /  , '
//   〕 -‐¨   /     \|./   .|  ,'// ||    ',         /  , '
'    /     r┴─--- < | !     | //  }}   /      /    __ ,, -‐‐



           ↑ 理想

                  ↓ 現実

                    ____
                   /    \
            .    /          \
            .  /    ―   ー  \
              |    (●)  (●)  |
            .  \    (__人__)  /
            .   ノ    ` ⌒´   \
             /´             ヽ
やる夫は初代勇者なようです
作者 ◆DTkWOlJnAY
原作 オリジナル
投下日 2013年5月24日
投下板 小さなやる夫板
状態 完結
最終投下日 2013年6月8日
話数 全6+3話
主な登場人物 やる夫やらない夫セイバー鹿目まどか
  

やる夫は初代勇者なようですは、オリジナルの中編やる夫スレ

作者は◆DTkWOlJnAY。2013年5月24日から6月8日にかけて連載された。

あらすじ編集

はるか昔大魔王を退治した初代勇者やる夫とその仲間の剣士やらない夫は、その容姿から迫害を受け山奥で隠居生活を送る。女神の加護により不老不死となった状態で…

概要編集

作者の前作であるキル夫は剣豪と呼ばれているようですのプロトタイプとしてプロローグ兼1話が掲載されたところ意外と好評だったため、改めてスレが立てられて連載されることとなった。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 初代勇者。当時、人間に迫害されたため大魔王を倒した後は山奥に移り隠居生活を送る。
  • やらない夫 - やる夫の仲間だった剣士。やる夫と共に山奥に籠もり鍛冶士となって聖剣を量産している。
  • セイバー - 八代目勇者。実力は高いがどこか抜けている。仲間にアーチャーランサーキャスターがいる。
  • マドカ - 勇者担当女神。やる夫とは昔からの付き合い。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki