FANDOM


 ┏━━━━━━━━━━
 ┃そう、もう付き合って3年になる
 ┗━━━━━━────



                      ∴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ◯,
                     ∴: :::::::::::: i:::::::i ::::::::::::::i ::::::::::::::i::::::::::::::)Y⌒
                     ‘ .::::::::::::::::::|:::::::| i :::::::::::| i:::::::::::::|::::::::::(_人___ノ.
                    . .::::::| ::::::::i |:::::::| |::::i:::::::| |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::‘,
                    ; ::::::: | ::::::::| |:::::::| |:斗ィf庁まk'⌒寸:::::::::::::::::::::::::::∴
                    ┃::::: i | ::::::::| |::/   {{ {i{__}i}灯 !::::::::::::::::::::::::::‘:
                    ┃::::: | |:i::::,ィ爪_ハ      乂沙′   : :::::i::::::::::::::::::::::;
                   ┃::::_」_|」:::{{ Ⅵ_}i|     ’’’    j :::: |:::::::::::::::::::::┃
                ___♪'´   {__ハ Vツ           斤| :::::| :::::::::::::::: ┃
.    .━━━o、   ,√三ア´   \_ノ::} ’’’  ,   〇 o /⌒| :::::| ::::::::::::::::::┃
…━ァ’      iハ  //|:::::/  \  i _>ニニニニニ{     イ/i:i:i:i:| :::::| i:::::::::::::::::┃
   /       |:i:∧〈〈 {:::{    \}'⌒ア\_≧=‐--‐ァf   ̄/i:i:i:i:i:| :::::| i:::::::::::::::: ┃
::、厶-‐===‐- .|:i:i:∧\|:::::\__ァ―┤ (: : : ゚:):i:i:i:i:{/i:::|、  /:i:i:i:i:i:i:| :::::| i::::::::::::::::::┃
::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i:i:i:i∧{。\ :::::::::::::: /⌒⌒⌒⌒ヽ∠:::/l:::| `7:i:i:i:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| :::┃
/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:┃i:i:i:i:i:i〉゚O\ニ=‐く|___」u-‐ |_厶l斗<i:i:i:i:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| i::┃
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i┃i:i:i:i:/\℃。|i:i:i:i:_」(c7 c|<c)〈{ }    ヽi:i:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| i: ┃
-ー==≡==‐- ┃i:i:i/   〈 ゚o|:i/ └---‐'ー―┘ ̄ア⌒   ∨i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |: ┃
          ┃/   ( o|にニニニ==-┬…__´      }:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |:::::
           ,       (o|:::::::::::::::(゚o|:::::::::: ̄\ー-      ノ^!i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |:::::
           】       Y| ::::::::::::: (o|::::::::::::: /`>-‐=ニ   |:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |::::,



                   ┏━━━━━━
                   ┃私の彼はまだ童貞だ
                   ┗━━────
やる夫はビッチにフォーリンラブのようです
作者 ◆/yB56ssgjk
原作 オリジナル
投下日 2012年5月7日
投下板 小さなやる夫板
状態 完結
最終投下日 2012年7月29日
話数 全9話
主な登場人物 やる夫ストッキング
  

やる夫はビッチにフォーリンラブのようですは、オリジナルの中編やる夫スレ

作者は◆/yB56ssgjk。2012年5月7日から7月29日にかけて連載された。

あらすじ編集

ストッキングは気の乗らない合コンに人数合わせのため参加し、そこでせっせと雑用や女の子たちに気配りをしている性格のいいキモカワ系のブサイク(やる夫)になんとなく興味を持つ。合コンが終わり解散した後に残ったメンバーでラーメンを食べに行くことになり、そこでも場を盛り上げようと懸命なやる夫のおかげで思ったより楽しい時間が過ごせたストッキングは、帰り際、やる夫にメアドを聞かれて「セックスとメアドどっちがいい?」と訊ねる。するとやる夫は頬を染め、モジモジしながら「それじゃ……メアドで」とのたまった。

概要編集

外見も才能も特に見所はないが、努力だけは怠らないやる夫。そんなやる夫と冗談半分で付き合い始め、ビッチのプライドにかけて落とそうと奮闘しては空回っていたストッキングが、やる夫を通していつしか努力する楽しさを思い出して、やる夫への気持ちも変化していく姿を描いた純愛ストーリー。もともとは読みきりとして投下されていた短編[1]から連載が始まった。直接的な描写はなく年齢制限も指定されていないが、きわどい会話があるので注意。

主な登場人物編集

  • やる夫 - ブサイク、メタボ、童貞。ストッキングと同棲中。努力し続ける三流のヒモ。
  • ストッキング - 特に深い事情もなく、セックスが好きだからソープで働いているビッチ。誠の女バージョン。
  • 伊藤誠夜神月L - やる夫の親友グループ。やる夫の恋を応援している。

外部リンク編集

脚注編集

  1. 「中古萌えな俺が妄想を垂れ流しただけの話」 やる夫短編集 阿修羅編

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki