FANDOM


              ,  ,-、
             ノ`-' ヽ
             λ    \
             λ    `ヽ、
              |      \
              |        \
               |         \
               |            ヽ、                   ,、
              ノ             `ヽ、           //
              /                `ヽ、       / ,/
              |                   `~`'`、,,,_/  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      一般にはあまり知られていない、ペリー提督率いる”黒船”の箱館来航。

     しかし、それは箱館だけに留まらず、日本全体に大きな足跡を残した──

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       λ                         ,,/⌒`--`
      , /                       ,/
    ,,/ ~  ,,,,     ,,/⌒`ヽ、          /
    ,l   γ'' `ヽ、/       \        /
   i'   ヽ、   '          `ヽ、    λ
    \    ''ヽ               `ヽ、   |
     ヽ    λ                \/
      |     ヽ、,,_
     /  γ`★、 /
    /   i'''   `~`'
    l、_,--'
やる夫の暮らす箱館に黒船艦隊がやって来たようです
作者 ◆rjJUkS8CF2
ジャンル 歴史
時代 幕末
舞台 北海道函館市
投下日 2011年9月21日
投下板 やる夫板Ⅱ
状態 エター
最終投下日 2012年9月9日
話数 6話
主な登場人物 やる夫天貴史
  

やる夫の暮らす箱館に黒船艦隊がやって来たようですは、幕末のペリーによる箱館(函館)来航と、それに関連する歴史を題材としたやる夫スレ

作者は◆rjJUkS8CF2。2011年9月21日からまで連絡されていたが、2012年9月17日以降作者の書きこみが途絶え、エター作品となった。

あらすじ編集

大正2年(1913年)。函館で喫茶店を営むやる夫(85)のもとに、元松前藩士で元新撰組二番隊隊長の永倉新八(天貴史)が訪ねてくる。

永倉はペリー率いる黒船艦隊が函館に来航した折の松前藩上層部の対応を知る唯一の生き残りであるやる夫に、当時の話を聞きに来たのだった。

概要編集

知られざる幕末松前藩の郷土史を扱った歴史系やる夫スレ。無名の元松前藩士・やる夫の回想形式で進んでいく。鎖国解除という前例のない事態であり、通信手段が未発達だったこともあるが、幕府の不手際や松前藩の混乱ぶりなどがよく伝わってくる。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 松前藩藩士。箱館港の沖ノ口番所(≒税関)で働く。当時27才。
  • 松前崇広(L - 松前藩主。
  • 松前勘解由(でっていう - 松前藩家老。黒船の応接役。
  • キバヤシ - 松前藩重臣。黒船との直接の交渉役。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki