FANDOM


      ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    _n__n   ___  .┌´`┐   , -─-、 .┌┐
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  └i rっ_)  ア∠、.┌┘└┐ / ∩∩| └┘
  |     |r┬-|     |    U   .└(ヌノ  フ_∧_ヽ  ゝ乂,リ丿  ロ
  \      `ー'´     /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.                    ,-、    >-‐‐、
:   |:::::'; \_____ ノ.|::ヽ i      .f´',           ヽ-ァェ/ ̄ / /
   |:::::::\/゙(__)\,|:::::i |      ヽ ヽ    __ , 、  ヽ/ ̄ ./__∠
   |::::::::::::ヽ. ハ  |:::::::||   ,-三三__ゝ ヽ 、 ヽ .fr-.、ヽ  {_ヽ/ / ,' ;'
      ___    ff r'l   r.ァ/ ̄ __ゝ-‐ソ`ァ .ヽ-'_ }}  ヽ_ゝ´ヽ_/   ,'.,'
   ヾ゙f ゙i .{   ヽ--゙-ェェェソ´___.', ',_f___rァ_ ゝ__ ニ_ ./ / / /l  ,' ,'
.  {゙ -ゝr--, r-ゝr 、 .r----, l__  __l>゙_ ゙_/} .l'_ノ´- 7 / .l   ,' ,'
   ゙ ̄l_l ', l  ノノフ./,三三 .フ   j ,、ヽ  l _ ._ .r, r,-, ././  l  .,'.,'
       j j .゙-'ノノ   ノ./   ノ ./ ヽ ヽ }- -{_ゝ /__ .'──'   '-'-,
      //  <ノ   <_ノ   ヽ_ノ/l゙l_ ゝ、>¨l_.fヽ_ハ__ノゝ ̄ 7  f¨r-'
      //  S a k u r a W a r s /゙-- '     ___ゝf fヽ r- '   ゙-,゙i
     rゝ,___________________二二二_ fr'
    {.r _'     ~   恋   せ   よ   乙   女   ~    ヽl }
    ┴───────────────────────┴┴
やる夫のサクラ大戦4~恋せよ乙女~
作者 童帝 ◆HyQRiOn/vs
ジャンル ゲーム
原作 サクラ大戦シリーズ
投下日 2011年1月22日
投下板 やる夫板II
状態 エター(本編完結・ifエンド未完)
最終投下日 2012年2月25日
主な登場人物 やる夫
  

やる夫のサクラ大戦4~恋せよ乙女~は、セガのADVゲーム『サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~』を原作としたゲーム系中編やる夫スレ

作者は童帝 ◆HyQRiOn/vs。2011年1月22日から連載され、2012年2月25日を最後に更新が途絶えている。

あらすじ編集

パリでの戦いを終え帝都へと帰還し、懐かしの帝劇で一息ついたやる夫の元に、因縁の相手・シュヴァルツバルトからの宣戦布告が届く。呼び出された帝國華撃団の前に現れたのは、かの「日本一の兵」真田信繁と十勇士であった。

史上最高の敵・その陰で暗躍を続ける狂人シュヴァルツ、密接に絡み合う「魔」「霊」「黒歴史」。果たして華撃団は、帝都を、世界を守り通せるのか。そして、二つの華撃団花組隊長であるやる夫が選ぶ最愛の女性とは――?

太正16年、やる夫の最後の戦いが、今始まる。

概要編集

2009年5月26日の「やる夫のサクラ大戦」第1話の投稿から足かけ2年以上にわたり連載されている、やるサクシリーズの完結編。

KOUMA/降魔と違い、サクラ大戦4はきちんと原作の存在する作品であるが、原作そのものが全4話と短く、20人近く登場するヒロイン全員を描くには話を大幅に膨らませる必要があり、また1・2・3とそれぞれに作者独自の設定を付け加えてきたことを踏まえ、本作品は原作が存在するにも関わらず原作の設定をほとんど用いない、作者のほぼオリジナル作品となった。

本編は完結を迎えたものの、シリーズおなじみの他ヒロインによるIFルート版最終回が展開されていた。しかし、上述のとおり現在は休載されている。

主な登場人物編集

~詳しくはやる夫のサクラ大戦同2同3を参照~

帝國華撃団編集

巴里華撃団編集

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki