FANDOM


                                      ,. -─;-
          _,,....ヽ|/...._                     /  ∠-─- 、
        .r''"       `ヽ               .  /   /´,∠-─- 、     ,1 
        /  , '⌒ v ⌒ヽ ヘ              (、{             ` ー-ノノ l
       ,'   |    |   ! ハ               /                 ノイ
        |   |.  ●|●  |   !              ,'                    /
        | ,r┴‐‐ '⌒ ─┴、 |              {       ト、.._        /
        |( ── ---── )!             ヽ     {   ,>-、,-、   /
      /  `ー-------一 ´ ヘ             \    ゝイU) リ6 }_,./  _,, -─‐-、
      //|           |\、              `iー---ゝ    /ー'))=ニ二
   .     |             |                / ヽ、`ー  .//ノ" \` ‐ 、 ̄ ̄
   .     |             |                 {  (. ` ー''´/ /    \  `‐、
   .     |             |
       丿_______ゝ 

                     "1-‐''アニ-‐- . 
                  ,,   ,/´  '"  7´`t 7´t` 、 
                /´\ f       ,.-- 、  _ ハ 
               `ーz-....,,,,>     f'    Y′`1i
               ,-K___ノ,ノ-、  ヽ、 丶_  ゚人゚ _,ノt
               公lニニニ}   ,二   ´ ,..ァ‐‐-. ハ
               `( ‐r‐ヘ ¬、  ヘ‐‐‐'''´    `>ノ'゙)
               そ ,ゝf / ̄'゛丶._ ゝ、_(_Y) _,,.. ィン 1 ゙ヽ
                ゙ーll-'L..,,__   l' ‐‐、-,ァ-、「 _,..'゙'ヽノ
                      `"'‐   ⌒ __⌒ 「 
                       |    f  ハ │ 
                      f     ゝ = '  │ 
                      ゙ッ..,,___    ___...:' 
                      j′   厂 !    ! 
                    r''"`'‐-....../ ノ-........-'ー 、 
                    丶....,,,,_ン゙ ゝ、_____ン゙ 



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      トキワ荘の面々はまさに全盛期を迎えていた。藤子不二雄が「オバケのQ太郎」
      石森章太郎が「サイボーグ009」、そして赤塚不二夫が「おそ松くん」を連載して
      おり、締切日には編集者が血走った目で、僕らの傍にいるのが恒例となった。
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
やる夫と赤塚不二夫のマンガ道
作者 トリップ無し
原作 漫画に愛を叫んだ男たち
時代 昭和
投下日 2011年11月14日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年1月26日
話数 全17話
主な登場人物 やる夫やらない夫
  

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 は、長谷邦夫の小説「漫画に愛を叫んだ男たち」を原作とした長編やる夫スレ

作者はトリップ無し。2011年11月14日から2012年3月24日にかけて連載された。

あらすじ編集

漫画史にその名を轟かせた「トキワ荘」アパートの住人達。長谷邦夫と赤塚不二夫もこの中にいた。長谷は赤塚のブレーンとして、又、ある時はゴーストライターとして支え続ける。

概要編集

長谷邦夫の自伝的小説をやる夫スレ化した作品。従来の青春譚としてのトキワ荘神話にとどまらず、その後の暗転をも描き、哀切さが滲み出るようなラストで終わる。

主な登場人物編集

  • 長谷邦夫(やる夫 - 自らの漫画も描きながら、赤塚のブレーンとなる。アルコール依存症となった赤塚を長く支えたが…。
  • 赤塚不二夫(やらない夫 - 天才。はにかみ屋のくせに妙に好奇心が強く、可笑しくなる逸話を数知れず持つ男。
  • 石森章太郎(オタク - 優れた発想、理解ある編集者、強い創作意欲を兼ね備えた漫画家。人見知りが激しい。
  • 藤子・F・不二雄(野比のび太)、藤子不二雄A(ドンキーコング - トキワ荘の先輩。
  • 寺田ヒロオ(原辰徳 - トキワ荘のリーダー。通称「テラさん」。
  • 鈴木伸一(小池さん - トキワ荘の住人。アニメ制作会社「スタジオ・ゼロ」の社長となる。
  • 横田徳男(きめぇ夫 - 長谷・赤塚の一生の友。赤塚のプロダクション「フジオ・プロ」に加入する。
  • 横田孝雄(中村紀洋 - 長谷・赤塚の一生の友。誠実で頑固な性格で、赤塚と特に馬が合う。
  • 水野英子(涼宮ハルヒ - トキワ荘の紅一点。16歳の彼女が共作者の石森、赤塚を振り回していた。
  • 古谷三敏(夜神月 - 赤塚のもう一人のブレーン。笑いに対して、一種の理想主義的な側面が強い。
  • 内田勝(夜神総一郎 - 少年マガジンの編集長。「天才バカボン」を企画し、育てる。男気のある人物。
  • 田村セツコ(朝比奈みくる - 既婚者だった赤塚の恋人。「フジオ・プロ」で働くようになる。
  • 小林信彦(大槻 - 赤塚が創刊した雑誌「まんがNO.1」の相談役。雑誌の問題点を指摘するが無視される。
  • タモリ(見学会いく夫 - 赤塚がその才能に惚れ込み、生活や仕事の面倒を見る。
  • 高平哲郎(古泉一樹 - 放送作家。赤塚とは飲み仲間。赤塚と劇団活動を始める。
  • 鈴木真知子(御坂美琴 - 「フジオ・プロ」の専務。赤塚の新しい恋人、のち二番目の妻。
  • 手塚治虫(DIO - 漫画の神様。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki