FANDOM


                                           ..:.:´:.:´:.:.:./:.!:.',:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ`:.:、:.:.:.ヽ
                                         /__/:.:./:.:.:.':.:.ハ:.:',:.:. i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.,-<::ゞ`::::ー..
                                       / ´ ./:.:.:/:i:.:.:.:.!:.:! .!:.:.l、:.:',:.:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:〈:::::::ヾ::::::::::::::::`::...、
                                              /:.:.: ':.:l:.:.:.:.l:,:l  ',:.:l ゝ:=-、_:.:.:.:',:.:.:.:',::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::}
                                          l:.:.:.:イ:.:l:.:.:イ:.l  .',:.! ヽ:'.,ヽ:.:`:ーl:.:.:.:.l:::::::::::::',:::::::::::::::::/
                                          l:.:./ l:.:l:.:.:.:ハ:!   .ヾ  \_,,xzぇァl:.:.:.:.l:::::::::::::::l:::::::::::::/
              ______                      l:/  l:.ハ:.:.ヾ≧.、  ヽ,ィf::::::ひ7:.:l,:.:.:.i‐.::::::::::!:::::::::/
                やる夫と                     !'  .l:lゞ:. l:.:V心      !ゝイ,ハ:l ',:.:i }_...:::::夲、〆
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                        !' ヾト:、ゞ"      ゞー''  .}' ソ ノ:.:.:.:.:.:,':.:.l ',
                                                  }.从  '、 ,      ,夂匕/:.:.:.:.:./:.:. l:.:',
                                                 .个:..._   _ ..イ_/:.:.:,:':.:.:.:. ,イ:.:.:.:.l:.:.i
                                                 i:.:.:.:.:.:i:`Tス   V:.:.:/:.:.:.:./!:!:.:.:.:.:l:. !
                                                  !:.:.:.:.:.:!r'´:/} ./': ,.:':.:.:.:.<  l:.:!:.:.:.:.l:.:l
                                                 ,.:.:.:.:.:ィ'::::/ ̄ソ´:/:,:.':,.::'´,.:-ヾ: l:.:!:.:.:.:.l:.:l
                                _____
                                      彼女と
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|                          ________
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|                        見えないアイツ
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }
        l | ` ー----┼---─'´|  l
やる夫と彼女と見えないアイツ
作者 ◆Xuy1cDD5to
原作 オリジナル
投下日 2010年6月20日
投下板 やる夫スレヒロイン板
状態 エター
最終投下日 2011年8月18日
話数 47話
主な登場人物 やる夫柊かがみ柊つかさやらない夫秋山澪できない子翠星夫
  

やる夫と彼女と見えないアイツは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆Xuy1cDD5to。2010年6月20日から連載され、2011年10月18日以降作者は現れずエター作品となった。

あらすじ編集

とある事件を追っていたキョンは、事件の全容をつかめずにいた。そこでキョンは事件の中心的存在であった少年・翠星夫に、事件が起こったとき、一体なにがあったのかを聞くことにした。そして翠星夫の口からすべての始まりから語られることとなった……

概要編集

◆Xuy1cDD5toの前作品である「やる夫達は嘘を重ねるようです」が完結した際、次回作の構想として二つの作品の予告を投下したところ、両方やってほしいという声が多かった。

そのため、作者は二つの構想を合わせるということにし、この作品が誕生した。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki