FANDOM


┌────────────────┐
│┌──────────────┐│
││                      ││
││   読者の絵葉書コーナー     ││
││                      ││
│└──────────────┘│
└────────────────┘
┌──────────────────────────────────────────┐
|                                                                  |
|                                                                  |
│         ./^l、.,r''^゙.i′                                              │
│         l゙:r i:i′ .|             ど ん な  か な し い こ と が あ っ て も.     │
│      :i^¨''iノー-i (_.vv,、                                                │
│      i.、/:::::::::::::::::゙彳_ >                                              │
│     _,ノ i::::::::::::::::::::.('`,.ヽ         や せ が ま ん で も い い                    │
│     ( 、:|:::::.i;i;i:::::::::::i:.'^゙'<                                              │
│     '' ::.!:::::.ii;i.|::::::::::.i‐ ,フ''                                             │
│    .< :::i::::::.ii;i;|:::::::::.,「=(          ひ の あ た る ば し ょ で                     │
│     `ー::|,.:::::i;i;::::::::::/.\^':、                                                 │
│      ./゙,r|:::::::::::::::::,i゙.'!'=;^′                                              │
│     .) ,/ソ,:::::::::::,l'_ .).:r          つ よ く い き て い こ う と お も ふ         │
│      ゙'レ'´i''!゙ー/'(゙゙ | .|                                                  │
│         | ._,i'!(冫.;i .|                                                   │
│            .. |. |           そ う  た ん ぽ ぽ の よ う に            │
│              .! .i   ._,,,‐''^^'''''>                                         │
│    、....,,,,..,,_      ! .;! .,/'゙`,_   .,ノ                                      │
│    \  .⌒\  │ .|!.,,iミ/ ._,,,./′                                         │
│      i  '^'''‐、..゙'hノ| .|厂 . ̄′                                           │
│     .ヽ_    ゙メリ| .|                                                 │
│         ̄ ̄   |. |    ._,,,‐''^^'''''>                                     │
└──────────────────────────────────────────┘
               ┌───────────────────┐
               │                                │
               │   ○○市 釣理 出酢夫くん (小2)     │
               │                                │
               └───────────────────┘
やる夫とタンポポと恋
作者 ◆READY/K61.
ジャンル 恋愛
原作 オリジナル
時代 現代
舞台 日本
投下日 2012年1月21日
投下板 やる夫スレヒロイン板
状態 完結
最終投下日 2012年6月3日
話数 10話
主な登場人物 やる夫佐々木やらない夫朝倉涼子阿部高和
  

やる夫とタンポポと恋は、オリジナルの中編やる夫スレ

作者は◆READY/K61.。2012年1月21日から6月3日まで連載された。

あらすじ編集

「刺し身の上にタンポポを乗せる仕事」を10年ほど続けていたやる夫だったが、職場にタンポポを乗せる機械が導入されてしまいクビになってしまう。そんな失意の中、友人のやらない夫に紹介され何とか日雇いの働き口を得ることに成功、それなりの給与を貰う。

その仕事からの帰り道、やる夫は人気のない路上でカツアゲに遭ってしまう。給与を奪われ、さらに財布も盗られそうになった時、とある女性が駆けつけてきて……

主な登場人物編集

  • やる夫 - 高卒で天涯孤独な28歳。ひねくれていながらも、日雇いの仕事に励む若者。
  • 佐々木 - カツアゲに遭っていたやる夫を助けに入る。舞台女優。
  • やらない夫 - やる夫の友人で良き理解者。どこか危なっかしいやる夫をいつも気にかけている。
  • 朝倉涼子 - やらない夫の妻。夫婦仲は良好。やる夫とも面識があり、やらない夫を通して仕事を紹介するなど、夫婦揃ってやる夫を気にかけている。
  • 阿部高和 - やる夫の働く現場の責任者。気配りが上手い常識人。
  • 伊藤誠 - 佐々木の元同級生。やる夫にぶつかり舌打ちをするなど、初見の印象は最悪だが…?
  • できない子 - 佐々木の元同級生で同業者。あっけらかんとした自由人。

関連項目 編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. やる夫とタンポポと恋 3 >>890

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki