FANDOM


             ,. -─────────‐- .、             ノ
            /  \  ::::::::::::::::::::::::  /  \           ヽ'
          /     \ :::::::::::::::::::::::: /     \         `)
         /     _  \:::::::::::::::::/   _    \        <   ここに私の決意を披歴し、
       /   / /::::::\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::://:::::\\  \       )
      /    |  |:::::::::::::::| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |::::::::::::::| |    \    <   T・Tレースに出場、優勝するために、
    /      \ \::::::// :::::::::::::::::: \\::::://     \    `, 
   /    ../ ̄ ̄\ ̄ /   ::|::   \  ̄/ ̄ ̄\..   \  <  精魂を傾けて創意工夫に努力することを
  /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ  >
 |               |      |      |              | <  諸 君 と 共 に 誓 う 。
 |               \__/\__/               |  `,
 |                |       |               |  <
 |                |r─‐┬──、|                |  >
 ヽ                |/   |    |              /  <
   \              \      /             /    ノ
    \               ̄ ̄ ̄ ̄             /      `,
やる夫で学ぶ本田宗一郎
作者 ◆C.B5VSJlKU
ジャンル 歴史
時代 1906年~1991年
舞台 日本
投下日 2009年5月16日
投下板 やる夫板
やる夫板Ⅱ
やる夫板2nd
状態 完結
最終投下日 2013年8月9日
主な登場人物 やる夫やらない夫
  

やる夫で学ぶ本田宗一郎は、本田宗一郎の生涯と本田技研の発展を描く歴史系長編やる夫スレ

作者は◆C.B5VSJlKU。2009年5月16日から2013年8月9日まで連載された。

概要編集

T型フォードに憧れた少年、本田宗一郎の人生をやる夫でたどる人物なりきり型歴史系作品。「本田技研工業株式会社」の基盤を作り上げた本田宗一郎(やる夫)と藤沢武夫(やらない夫)を中心に話は進んでいく。

主な登場人物編集

  • 本田宗一郎(やる夫 - 本田技研創業者にして初代社長。ただし経営にはノータッチ。技術と工夫と他人ありきの人。
  • 藤沢武夫(やらない夫 - 本田技研の実質的経営者。副社長。現実的なようでいて実はロマンチスト。
  • 本田弁二郎(やるオプーナ - 本田宗一郎の実弟。浜松、埼玉の工場長を歴任。従業員からの人気は高い。
  • 河島喜好(できる夫 - 本田技研2代目社長にしてホンダ4専務の1人。宗一郎の直弟子。
  • 西田通弘(メタナイト卿 - ホンダ4専務の1人。正規入社第一号。苦労人。
  • 白井孝夫(泉こなた - ホンダ4専務の1人。工場と資材担当。実は文系。
  • 川島喜八郎(アレクサンド・アンデルセン - ホンダ4専務の1人。かつアメリカホンダ初代社長。営業の長。通称アメカワさん。
  • 福井深子(柊かがみ - 従業員代表。事務員。短大卒で英語が得意。
  • 塩崎定夫(獣神官ゼロス - 藤沢武夫と折り合い悪し。のちに鈴鹿工場建設に携わる人。鈴鹿サーキットの図面も引く。
  • 久米是志(でっていう - ホンダ好きなら必ず知ってるえらーい人。宗一郎・河島の弟子的ポジション。
  • 新村公男(柊つかさ - 「本田宗一郎に一番怒られた男」。超一流の設計屋。よく殴られる。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki