FANDOM


        <:::::::::::::::` ー--、_: : : : : : : : :ヽ、    _
       }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : \-―:´: :i__. -―_. -―――- 、.__
        .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、_: : : : :\_ _: : : : _/          `ヽ、
      く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : ::ゝヾ. ,/         ___    \
       \::::::::::::::::::__. -―y-- 、._:::: ̄>: : : : :!>.       ,-‐ ゙´ ̄          \
         /:::::::::::/,r'゙/  ∧    ゙ ー{: : : : :/,__      ,-―- 、、           \.
       /::::::::/,/゙        i、     .{: : : : 「         {r'゙ ̄:::ハ i         ヽ.
       フ:::::/,/゙/ /    i   i、    {: : : ::}  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i .i          \.
       >/ / / / ./ i  .  i    i.     ̄{_/  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ           ヘ
        .i/ .i .i / i    i    i.   .i   /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ               !、
        i!  .i .i i  i  i  i .ハ   i   i  {    ヽノ'            i.             i.
        i  i i i  {  i  .i  ii   ハ i .ii  i    i.    i             i            }
        !  i.i i,、 .i  i_.i_ .iV  .i.i i .i.i .ヘ    i   ノ\_        ノ            ノ
          i ,i、 i i  i i ii  i. V i i__i___i_./ >、  ゙ー-'´--- ゝ-――<´              /
          レ ヘi i i i==-ハ i. V .i..iノiレi.i/  />                          /
             // }.`   !ハ! !ハi-=tェ/  ///>、                    _. -‐ ´
            / / i {xxx  ,    xxx./ //<′ {> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
          / .//.i ヽ、  - 、 _   / /゙-―--、 i i /    ̄ ̄      ./        \
         /  / / i_,、. > ._   _..イ ./: : : : : : : ヘV/                           ヽ
        ./  / / /: : : :ヘ、__ノ三 // ./: : : : : : : : :/ i
       .i  / / / 「 ̄ ̄>'ー,、,-/ //: : : : : : : : :/ i
       i  i / /゙´'}   -}'゙ヾノi/ //i: : : i : : : : : :i /                ヾi.
         .i ノノ .i: : ::i _. -ヾ.三./  i::{: : : :i: : : : : : i /                  i
       >′{ ヽ: : レ゙::://::i i  i::ハ: : : i: : : : : : i/                   i.
    ,-‐=゙ : : : i  ゙ヽ.: ::/ /: ::i {   i: :ヘ: : i: : : : : }/                         i
 . -‐´ : : : : : : : ハ   i: :i  i: : ::i ヘ  i、: :\i: : : : :/                     ∧
やる夫が真紅の声を探すようです
作者 伍長 ◆KIaN2kL3i2
ジャンル 小説
原作 石田衣良「声を探しに」
投下日 2011年3月13日
投下板 やる夫系雑談・避難・投下板
状態 完結
最終投下日 2011年3月22日
話数 全3話
主な登場人物 真紅やる夫ギャル夫鷹野三四水銀燈
  

やる夫が真紅の声を探すようですは、石田衣良の短編小説「声を探しに」を原作とした中編やる夫スレ

作者は伍長 ◆KIaN2kL3i2。2011年3月13日から3月22日にかけて連載された。

あらすじ編集

外見がまるっきり子供にしか見えない真紅(33)は、ある日突然声が出なくなってしまった。他者との会話を失い孤独と不安に駆られた真紅だが、救いの主は意外なところからやって来たのだった……。

概要編集

声を失ってしまった真紅の心が、会社の後輩であるやる夫により救いを得ていく過程を丁寧に描いた作品。真紅が魅力的であり、さらに全3話の小ボリュームのためとっつきやすく、真紅ヒロインのおすすめ作品としてもよく話題に挙がる。

静かで独特な口調のやる夫が特徴。旧来のウザキャラ・チートキャラでなく、誠実で淡々とした言動をとる。この姿勢が読者からは「イケメン」と評価され、作者自身はこれを「無表情やる夫」と呼んでいる。連作「やる夫が水銀燈の失恋に付き合うようです」では、この「無表情やる夫」が主人公をつとめる。投下順は「水銀燈の失恋」⇒「真紅の声」。

本作は、やる夫系雑談・避難・投下板の作者個人の雑談スレで投下された。

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki