FANDOM


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞフ┬. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ◎ ll ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊿//イ′ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、:::─:-: ″:′::
─────┐::::::::∪:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
:::::::::::::::::::::::匚]:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/::  丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::│:::::::::::::δ:::::::::\\;:、,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::  ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
───┐ /:::::::::::::::::::::::::::::_rュ≧_ `ゝ:::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::-:::: ″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::.|/::::::::::::::::::::::::::::::: ̄コ0}}L ||三ニマ`¨''ュ::;:::::::::::::::::::::::/ ′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
───┤:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄"ム/ヾ==  ̄¨´::;::::::::::;;::::::::; ″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
───┘:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::;;::::。::::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::‐‐-__/ |___ . _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::/::
::::::::::::::::::::::::ヽ∠_ヽ |丶ニヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::":: :
::::::::::::::::::::::::/ /二/ヽニ====::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::;;     :::::::;;;::::::::::″
:::::::::::::::::::::::::::::::¨ //  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::|:  :::::::: ;    :::::;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::       :::;ミ
:::::::::::::::┌──.__/_|___ . _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:
::::::::::::::::::\__|二./ ()丶ニヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::         ゞ
:::::::::::::::::::::::::::─/ノ 「ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::: :::
やる夫が提督になるようです
作者 ◆9z59XDfxvM
ジャンル ゲーム
原作 R-TYPE TACTICS
投下日 2010年2月6日
投下板 やる夫板II
やる夫スレヒロイン板(新)
状態 現行
主な登場人物 やる夫やらない夫長門有希高町なのはキョン羽入前原圭一
  

やる夫が提督になるようですは、アイレムのシミュレーションゲーム「R-TYPE TACTICS」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は◆9z59XDfxvM。2010年2月6日から連載中。

あらすじ編集

22世紀、銀河系へと進出した人類は、「バイド」と呼ばれる謎の外宇宙生命体群による侵略を受けていた。それに対抗すべく地球軍は新型次元戦闘機「Rシリーズ」を開発し逆襲を試みるが圧倒的な数の前には逆らえず、やがてバイドの軍勢は太陽系外周部へと到達しつつあった。

そんな劣勢のさなか、やらない夫提督率いる輸送艦・ヨルムンガンド級ヤシロに、とある軍事施設跡からの電子データ回収任務が下される。

概要編集

新米軍人やる夫やらない夫提督ら輸送艦ヤシロに所属する面々が、人類と謎の生命体「バイド」との生存闘争の最前線を戦い抜く姿を描くゲーム系作品。

「それまでSTGだったのにSLGになった」異色の作品「TACTICS」を原作としているだけあって、旗艦内で起こるドラマ・作戦立案過程を中核としつつ、戦列艦や艦載機部隊、そして地球本土の司令部に研究チームの面々を絡ませた上質のSFミリタリー群像劇に仕上がっている。概ね原作準拠の進行だが「R-TYPE FINAL」からの設定導入も積極的に行われているほか、作品の進行に合わせ長門有希による専門用語解説コーナーを設け、原作未プレイ者にも楽しめるよう配慮がなされている。

一話当たりの内容が非常に濃く、筆者の多忙さも相まって更新ペースは非常にゆっくりしたものになっている。

2015/12/27の投下により第一部が完結した。

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki