FANDOM


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ       \::::::::::::::::::::::,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;: : :|:::::::::::::, ___:.:.:._:.:___ _ ::::::::::::::::::::::::::::\\.     \:::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : | :.:, '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.: `ヽ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ヽ      ヽ,/;;;;;;;;;;;;;;;::::+:;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : :V´:.:.::.:.::.:.:.:.::..::.:..:.:..:..:.:.:.\ :::::::::::::::::::::::::::\\     /;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;:;+:;;;;;;;;;;;;;;;; ':.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:: ヽ .:::::::::::::::::::::::.:.\\   /;;;;;;;;;;;;;;;:   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.:.:.:/:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:: ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ\l;;;;;;;;: :  : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::: 
;;;;: : : : : ::;;;;:':.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..`ヽ ::::::::::::::::::::::ヽ \;;;: :  : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ!:. |.:.:.: /.:.:.:.:.:.::.:.:j/.:.:.:.::.:.:.:.::.,:イ:.:.:.:.:.::.:.:.::\ .:::::::::::::::::::::::\\;;: :  : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.!.:.: ':.:.:./:.:.:∠:_.:._.:.:.: ノ、/ |: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. 、 ::::::::::::::::::::::::ヽ_j :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::: : : 
''"""""'∠..イ: !.::.|:.:. ' :.:.:.:.:.:.:/  ̄//ヽ, ':.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ :.:.:.:.:, ' ;;+;;;;;;;;:   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
. -────‐ -、:.:.|:.:.:.:.:.イ  _ '´      l:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::ヽ:.:.::ヽ/;;;;;;;: :  : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ヽ!:.:.:.:.:.:.l   ヽ,、   :: l! |:.:.:.:.:.::.:.:.::: |:.:.:.: |:.:.:.:.:.';;;;;;:    :;;;+;;;;;;;;;::::*;;;;;; 
:_、_'ノ⌒ 、ノ⌒!     ヽ.::ヽ.:!    ヾ ,    l! |l:.:.:..:..|:.:.:.:. |:.:.:.:.:!:.:ヾ:. !;;;;;;;;+  : : ;;;;;:::::: : : : : ::;+:    
フ三 三ヽ  ヽ_ィ   |::,:ハ         l! |!ヽ,.::.:!.:.:.:.: ,:.:.:.:.:!:.:.::ハ:|;;;;;;;;;;;;;;;;;: :   : : : : : : : : : :; 
二二 三 |三三`‐ ァ ヾ、           、、 !:.:,l.:.:.::ノ:.:.:.:., :.: ';;;l:|;;;;;;;: : :    : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
三三 三_ヽ三三 ノ   |:!         _   ヾ,j,//:.:.:.::.:./:.:.:./;;;;;;;リ;;;;;;;;;;;;: : :  :  : : :;;;;;;;;; 
三三ヽ 三ヽ三三ゝヘ__j=,ヽ   、 ヽ    、/:.:.:. .__ヽ_ /_ _:/;;;;;;;;;;;;;;+: : :   : : :::::;;;;;;;;;; 
三三三 三 |三三 三ヽ/:/ 、.   ___..ノ__:._, _´ ー'  ' ,二)::::::;;;: : : : :   : :::::;+:;;;;;;;;;;;; 
三三三 三 |三三 三, |':/ヾ,、 ̄ヽハヽ, -、'ノ‐、/_ j     ー'、 : : :    : : :;;;;;;;;;;;;; 
三三三 三 |三三 三/ヽ j/   /, /     ヽ´`ヽ  /ァ/ :    : : : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
三三三 三 !三三 三三ヽ    / /       |  ヱ.ノ ./: :     : ::::::::;;;;;;;;;;;;; 
三三三三 ノ三三_.三三三\ . !/         .|   | ノ""''"""'''''"""''""''""" 
やる夫が並列世界を旅するようです
略称 並列世界
作者 トリップ無し
ジャンル ゲーム
原作 この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
投下日 2009年4月29日
投下板 やる夫板
やる夫板2nd
状態 完結
最終投下日 2011年6月12日
話数 125話+番外編等
主な登場人物 やる夫蒼星石雛苺碇ゲンドウ
  

やる夫が並列世界を旅するようですは、エルフのADV「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者はトリップ未使用。2009年4月29日から2011年6月12日にかけて連載された。

あらすじ編集

両親を亡くし、義母・雛苺と二人暮らしを送っていたやる夫の元に、死んだはずの父ゲンドウから謎の荷物と手紙が届く。手紙で書かれた待ち合わせ場所へ向かったやる夫の前に謎の女性が現れ、忽然と消えてしまう。 その直後にやって来た学園の学長・ルルーシュがやる夫に銃を突きつけて父の荷物を渡すよう詰め寄るが、やる夫は不思議な力で気を失った。気がつけばやる夫の周りには誰もおらず、翌朝出会ったルルーシュやその場にいた義母は昨夜の出来事などまるで知らないかのようだった。

父から送られた荷物は、無限に広がる並列世界を旅するための道具「リフレクターデバイス」だったのだ。数々の謎を追って、やる夫はリフレクターを手に並列世界を旅することになる。

概要編集

PC-98時代のアダルトPCゲームの傑作として名高い「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」(1996年発売)を原作とした作品である。原作はアダルトPCゲーム(セガサターンの移植版は18歳以上推奨)だが、本スレはアダルト要素をカットした全年齢向け作品である。とはいえ、そういう要素以外にも暴力的・道徳的にハードな描写は多い。

原作は当時のPCゲームとしては突出して長大かつ難解な作品であるため、本作も本編だけで100話を超える大長編になった。原作同様、ある特定のヒロインと関わるストーリーを進めた結果としていったん時系列を戻し、また別なヒロインと関わる並列世界に移行するという構成のため、各ヒロインごとに「○○編」とサブタイトルを打たれている。

本スレは原作の単なる完全移植ではなく、ある登場人物が原作では登場しなかった舞台で登場したり、原作には存在しなかったキャラクターが登場したり、並列世界を外側から眺める観察者達が存在するなど、オリジナル要素が多く盛り込まれている。

主な登場人物編集

※()内は原作でのキャラクター名

  • やる夫(有馬たくや) - 主人公。父から託されたリフレクターで並列世界を渡り歩き、数々の謎を追う。
  • 薔薇水晶(波多乃神奈) - やる夫のクラスに転校してきた少女。ミステリアスな雰囲気をまとっている。
  • 水銀燈(一条美月) - やる夫の学園の元講師で、ルルーシュの部下。やる夫とルルーシュの間で揺れる大人の女性。
  • 真紅(武田絵里子) - やる夫のクラス担任の保健医。つかみどころのない性格をしている。
  • 翠星石(島津澪) - やる夫のクラスメート。やる夫に好意を抱いているが、普段は喧嘩ばかり。典型的なツンデレ
  • 雛苺(有馬亜由美) - ゲンドウの再婚の妻で、やる夫の義理の母。母親としてやる夫に優しく接する。
  • 金糸雀(朝倉香織) - ニュースキャスター。何故か、やる夫の周りにしばしば現れる。
  • 碇ゲンドウ(有馬広大) - やる夫の父。二ヶ月前、事故で死んだと思われていたが……?
  • ルルーシュ(龍蔵寺幸三) - やる夫の学園の学長。やる夫・ゲンドウ親子に異様な執着を見せる。
  • 蒼星石(YU-NO) - やる夫の前に突如現れ、忽然と消えた女性。その正体は……。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki