FANDOM


                         /: : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; ; : , : : : : : ;__: : : : : \
 >ヾ`丶、                       /: : : : : : : : : : : : : ; : : : :_>─¨¨¨ ̄___二ヽ: : :\
 ゝヽヽヽ丶,てヽ                 /: : : : : : : : : : : _>─ァ ニ-" /, ̄ ̄ー─'" / : : : :\
 ヾゝゝゝゝ`-' ヽ、           /: : : : : ,--‐''¨ ̄,--‐‐'¨∠_/∠--─z  _/: : : : : : :\
    ̄>⌒ (  ゝ>\            /: : : : ( 、─-、_    ̄`-ャ  ,---ヘ /  /: : : : : : : : : : : : \
    ^ー-__/~/ ヾ!、         /: : : : : :\`ヽ-、_`゙~ー´/¨ _// ../; ; ; : : : : ; : : : : : : : : \
.        <  ≦/::::\     /: : : : : : : : :ゝ、_  `-‐⌒   ∠__,-^ /: : : ; ; ; : : : : .' ; : : : : : : : :.\
         \/:::::::::::.....\  /: : : : : : : : : : : : : ̄¨ー─--──~´: : : : : ; ; ; ; ; : : : .', ; : : : : : : : :.\
.          \::::::::::::::::::....\ : : : : : : : : : : : : : ; ; ; : : : : : : ; ; : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; : : : : ; ; : : : : : : : :.\
            \:::::::::::::::::.... \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.____ : : : : : : ' ; ; ; ; ; , : : : '. ; ; : : : : : : : \
             \::::::::::::ノ::::....\: : : : : : : : : : : : : : : : :/ヽ::::::ノ\: : : : ; ; ; ; ; ; ; ; , : : ', ; ; , : : : : : : :.\
.               \:::::::::=ン::::::...\: : : : : : : : : : : : /( ●_, 、_●) \: ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , : : ; ; ; , : : : : : : :.\
                 /:{:::::::::::::::::::..   \ : : : : : : : :/:::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; ; ; ; ; ' : : : : : : ; ; '. : : : : : : : \
              /: : ヾ、::::::::::::::::::::.. ´i : : : : : :.|   ...::::` ⌒´::::....   | ; ; ; ; : : : : : : : : ; ; : : : : : : : : :.\
.             /: : : : : :〉::::::::::::::::::.... i \_ : : : :\..:::,,-‐t‐,─-、::::::::./ ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : \
             /: : : : : : : :l:::::::::::::::::::::.  !i l ⌒ゝ-__≠'" ̄ゝkj_,,-‐^ヽ': ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; ; : : : : : : : : : \
.            /: : : : : : : : : :}:::::::::::::::::::. !i l リ / 。 ≦;;;-、_ / _  ≧、; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : ; ; ; : : : : : : : : :\
           /: : : : : : : : : : : :\::::::::::::::::::!i;ノ/ /i⌒ヽ `ヾ;;;ヾ´ ̄ ⌒, ̄`  ̄`ゝ-、__ : : : : : : : : : ; ; ', ; : : : : : : : : .
.          /: : : : : : : : : : : : : : , \::::::::::!i リ /;;..   )  \『≫   ヾ-、_r,_    j \ : : : : : : : ; ; ; ; ; , : : : : : : : .
                       \::::::::r/  ;;,...     ≪;;;:\    、_ii_ヽ v   | . . : : : : : : : : ' ; ; ; ; ,: : : : :
やる夫がフューラーになるようです
略称 フューラー、ヒトラー
作者 ◆Qx5/ucOlCU
ジャンル 歴史
時代 1889 - 1935 (1990年までのドイツを駆け足で振り返るエピローグがつく)
舞台 ドイツ
投下日 2008年7月4日
投下板 ニュース速報(VIP)
状態 完結
最終投下日 2011年1月29日
話数 全36章
主な登場人物 やる夫泉こなた高良みゆき
  

やる夫がフューラーになるようですは、アドルフ・ヒトラーの生涯を描く歴史系大長編やる夫スレ

作者は◆Qx5/ucOlCU。2008年7月4日から2011年1月29日まで連載された。

概要編集

やる夫扮する言わずと知れたドイツの独裁者「アドルフ・ヒトラー」が、如何にしてフューラー(総統)に上り詰めるかを描いた人物なりきり型歴史系やる夫スレ

豊富な知識、さまざまな史料を元に、当時の時代背景と作者独自の解釈を絡めた作品であり、やる夫(ヒトラー)がいかに政権を握るに至ったかを泉こなた高良みゆきを解説役に分かりやすく説明している。長編作品ながら、最終話までVIPで投下し続けていたやる夫スレである。その理由として、スレのクオリティが上がることを挙げている[1]

作中では、やる夫は作者からも登場人物からも「やる夫」と呼ばれ、参考文献に至るまで徹底して「ヒトラー」を「やる夫」に置き換えている。最終回の最後の最後で、初めてヒトラーの名で呼ばれる。

主な登場人物編集

やる夫の肉親・関係者編集

ナチス幹部編集

突撃隊(SA)編集

親衛隊(SS)編集

ドイツ帝国・ヴァイマル共和政編集

皇帝・大統領編集

首相編集

閣僚編集

軍人(大統領・首相・閣僚の経験者は、上位の役職に登場)編集

スパルタクス団・ドイツ共産党編集

バイエルン王国・バイエルン州政府編集

  • バイエルン王、ルートヴィヒ3世(L
  • ループレヒト王太子(ニア
  • グスタフ・フォン・カール(ドロンジョ)、ハンス・リッター・フォン・ザイサー(ボヤッキー)、オットー・フォン・ロッソウ(トンズラー

カップ一揆編集

その他一般市民編集

外国人編集

イギリス編集

ミットフォード家編集
  • ナンシー・ミットフォード(水銀燈
  • パメラ・ミットフォード(金糸雀
  • トーマス・ミットフォード(蒼星石
  • ダイアナ・ミットフォード(薔薇水晶
  • ユニティ・ミットフォード(翠星石
  • ジェシカ・ミットフォード(真紅
  • デボラ・ミットフォード(雛苺

フランス編集

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. やる夫短編集 地獄編 フューラーさんで学ぶVIPでやるメリット・デメリット

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki