FANDOM


 ┌──────────────────────────────┐
 │                                                │
 │   ある日、私は森に迷ってしまった。                          |
 │   夜になりお腹も減ってきた。                         |
 │   そんな中、一軒のお店を見つけた。                       |
 │   「ここはとあるレストラン」                             |
 │   変な名前の店だ。                                 |
 │   私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。              |
 │   数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。                 |
 │   ・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。        |
 │   私は苦情を言った。                                  |
 │   店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」           |
 │   数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。    .|
 │   私は店をでる。                                |
 │   しばらくして、私は気づいてしまった・・・                       |
 │   ここはとあるレストラン・・・                            |
 │   人気メニューは・・・ナポリタン・・・                        |
 │                                                │
 └──────────────────────────────┘
やる夫がナポリタンのコピペに挑むようです
作者 ◆N1YHwSRyQo
ジャンル ホラー
原作 オリジナル
時代 現代
投下日 2009年12月10日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2010年3月11日
話数 本編15話 番外編1話
主な登場人物 やる夫やらない夫やる夫の悪魔朝比奈みくる朝倉涼子
  

やる夫がナポリタンのコピペに挑むようですは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆N1YHwSRyQo。2009年12月10日から2010年3月11日にかけて連載された。

あらすじ編集

引きこもりニートのやる夫は、部屋で2chを眺めていると有名なナポリタンコピペに出会う。その文章の意味するところを理解できないやる夫は物知りの友人やらない夫に相談してみるが、やらない夫はコピペの謎を知りながらも勿体ぶって教えてはくれない。そこで、やる夫は自力でこのコピペの真相を解明しようと思案に沈んでいると、突如として奇妙で恐ろしい体験がやる夫を襲う。

概要編集

コピペを主題に据えた特異な作品[1]恐怖のナポリタンという著名なリドル・ストーリー[2]から内容を膨らませ、次々に浮かぶ疑問と紐解かれてゆく多くの謎によって先の読めない展開を演出した超常ミステリー。創作活動とネットロア[3]、そして登場人物のトラウマを巧妙に絡ませたストーリーに、もどかしさと小気味よさが同居する怪作。

主な登場人物編集

  • やる夫 - ヒキニートで元中二病。小説を書くのが趣味だったが、高校三年時の転校を境に筆を折っている。
  • やらない夫 - 大学工学部一年生。幼なじみで高校まで同級だったやる夫の親友を自認している。
  • 悪魔(やる夫の悪魔) - 尊大な態度のとあるレストランのオーナー。やる夫を虜にしコピペの謎に挑ませる。
  • 店長(朝比奈みくる) - とあるレストランの店長兼メイド。悪魔の手下だが、やる夫に助力する謎の女性。
  • 朝倉涼子 - 女子大の芸術学部一年生。やる夫が高校時代に好意を寄せていたクラス委員の才媛。
  • できる夫 - 名門大学の法学部一年生。やる夫の高校時代のクラス委員。優等生だが陰湿で独善的な性格。
  • プラナリ夫 - やる夫が日記をつけていたブログのブログペット。

外部リンク編集

脚注編集

  1. コピペの内容をなぞるコピペ系やる夫作品とは異なる。
  2. 謎の真相が明かされることなく話が終わってしまう事そのものをテーマとしている物語。
  3. 旧来の口承ではなくインターネットを媒介として伝播される都市伝説。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki