FANDOM


┌───────────────────────────────────────────┐
│              、 ,,.. - ''"゙ヽ-----──────────-------/゙゛'' -,,                .│
│             _, ッ ''``._,,,,,/  // ,---──┘└──---、ヽ ヽ   \,,,,,,,.~゚'ヘヽ,,,           ..│
│          .,,,llwr─'゙゙゙゙,,,,/ //  li_________il  ヽ丶   \"""w,,,,,,,゛.〟        ...│
│        _.:lll゙wr─'“゚”゙"  //                     ヽヽ  ".゚¬ー--,,,,゙゙゙゙''f,〟        │
│      .,ll°  .__,, ,,,--‐─'、,,__________________,,a゙゙゙゛''─.,,,,,,_`~゚゙ー-i、      .│
│       |l,,,-‐'::::::::::::::::::┌┐::::゙ll                          ll''゙::┌┐::::::::::`゙゙゙゛''-,,,||      .│
│      /l┐::::::::::::::::::::::::|. |::::::::||                    contach   ||:::::::|. |:::::::::::::::::::::::┌|ヽ     .│
│     / |┘::::::::::::::::::::::└┘:::::||_______ ___ _______||::::└┘:::::::::::::::::::::└| ヽ    │
│    |  |`゙゙゛''-,,:::::::::::::::::::::::,ilレ゚          /       \        ゚lll,::::::::::::::::::__,,,- ‐''|  |   ....│
│    |   !、    ゙゙゙゙゙゙゙゙゛'' -゙′/       / \   / .\       \`ー-‐'゙゙゙゙゙°     ,!  |    .│
│     l    `゙゙゛''ー─、,,,,,.  丶 ___ /   (●)  (●)  \ ___ /     ,,,,,,,,,-─‐'゙゙゙゙゙    |  ....│
│     ヽ、______二/::.::::::|○○|:::::|     (__人__)     |::::::|○○|::::::丶二______,,/  ....│
│       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::: ̄ ̄::::::::\    `⌒ ´    /:::::::: ̄ ̄:::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ...│
│      .l::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´ ̄          ィヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::|      │
│      .l:::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〈    ̄  ‐- 、       i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::::::::::::::::::::::::::::::|     │
│      l::::::::::::::::::::::::::::::::||          `ー,‐ -、_   ヽ      | l          ||::::::::::::::::::::::::::::::|   .....│
│       ゙トー────           /   ヽ.て  〉      | l         ー─────´    .│
│                           l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、                   ......│
│                           l    _,l       ̄/     l                   ...│
│                          γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´                   ....│
│                          (___〉    ̄ヽ --‐'                         │
└───────────────────────────────────────────┘
やる夫がカウンタックを手に入れたようです
略称 ヤルンタック
作者 ◆WHkUO1gjaI
ジャンル コミック
原作 梅澤春人「カウンタック」
投下日 2008年12月31日
投下板 やる夫板
やる夫板II
状態 エター
最終投下日 2013年8月3日
話数 51話(番外編16話)
主な登場人物 やる夫翠星石ムスカ阿部高和
  

やる夫がカウンタックを手に入れたようですは、梅澤春人の漫画『カウンタック』を原作とした漫画系長編やる夫スレ

作者は◆WHkUO1gjaI。2008年12月31日から連載中だったが、2013年8月3日を最後に投稿が途絶え、エター作品となった。

最初の一話だけは『やる夫がカウンタックを手に入れるようです』というタイトルだったが、実際にカウンタックを手に入れてからは項目名の通りに改題されている。

あらすじ編集

やる夫は独身、ブラックすれすれの零細企業で働く34歳のサラリーマン。アプローチをかけていた女性にフラれてやけ酒を煽っていたある日、実家から一通の手紙が転送されてくる。宛名は自分、そして、差出人にも自分の名前が…。

それは25年前、やる夫が小学生の頃、未来の自分に宛てて書いた手紙だった。内容は「25年後の自分は、一生懸命働いて社長になって、カウンタックを買う夢を叶えている」というものだった。それを見たやる夫は奮起し、少年時代の夢を叶えるべく、カウンタックを手に入れることを決意する。

概要編集

ヤングジャンプ誌に連載されていた自動車漫画『カウンタック』を原作としたやる夫スレ

開始当初は原作をなぞるだけであり、AAのバリエーションも少なかったが、話の進行と共にオリジナル要素が加わり、描写も細やかになっていった。読者のリクエストにしっかり答える作者の義理堅さもあって、支援絵支援AAがよく寄付される人気スレの一つとなっている。

外伝編集

本作の特徴の一つが、外伝の多さである。

その嚆矢となったのが、『魔法少女リリカルなのは STRATO'S』である。これは、『魔法少女リリカルなのは』の物語とリンクしており、ヤルンタック本編開始前に、やる夫が高町なのはたちと知り合っているという設定になっている。 元々は、「やる夫のラストランの相手がルルーシュではなくなのはだったら?」という仮定で書かれた一話限りの外伝だったが、好評を博したため、「パラレル外伝」という位置づけで執筆が続けられている。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki