FANDOM


                     //       ________
   ,ィ‐v‐‐、,r‐、       ,. ‐‐/i /イ  _,.ィ'≠ ̄`ヽ_,.-,         ` ヽ、
   i! i!   i!  iト、     ,イ __/ l/ 人_,イ∠_    ,r`i.ト、-――==Z、ー- 、`ヽ、
  .,イ,/⌒``ヽ、ir.、ミ=、  ./ ̄ ./ i'イ ヽ_ `i l i!, ,イ  ll-‐`,.、     `ヽ、 `ヽミヽ、
 ∧i ./⌒ヽ、 ヘ .l `ミミ、i   ,' /´ i ハ .', .l l トi'´ ,ィ彡'_ ,ィク`>、___     ヽ、  ` ヽ、
 ヽ l / ,ィト、 ヽ i,l   `ミ、iヽi /-i'`、イ ,l::::ハ.l l l-、`i´ ̄ // /ir'´ヽ斗、     ` 、   `、
  `l' く '⌒``ヽv'   ,ィ´ V、」.l::::;ノ=i _/_,r'ー、l  ヽi:::... l l i l斗、  〉.i         ヽ、   i
   .Y´トr‐‐‐-、 ヽ   /   `モ、'/〉/ /二 --ヽ____〉 .l l!`‐イ_l_lrト、 `~T ,i        ヽ   i
   Yイ l, --- 、Y  .,'  '⌒`  `「__/‐T ̄ ̄´ `´i, .ハ,i!     ト、`-ュイ/          ヽ  i
   ,レl l._____  `i .r、-―ニ二ミ、_,イl  ヽ、     `yく l  ,r-‐' ̄レ、´             ヽ l
   ヽ,l l   `ヽ! l ̄´/ /イ  ./ `.ミ、_ `ー 、 ,ィ´ i ,lイ! l '´ ´ ,イ、              ヽ!
    l l l     i l  / .,イ   .:,イ ̄`斗、二 ,イi _イl i ,ノ-‐、 .`'/'´ ̄ ̄ ̄  ‐- 、_
     .l l l     `、./ ./   ,/-、_   /ー‐-、_>l__イl´    ヽ,_l     /       i
      i l  ',     `、 i  ,.イl    ̄` 、__   ヽ,ヽ、.l      〉   ,イ●)         l
     .l l  .' ,     `! .,イ  l     /iヽミ‐-、__>,'     /‐-、  `、         l
     l l  ハ    |/ l ハ   .<、 l i l``フ i     ,'、●,(_ィーイ        /
       ヽV  ハ、  l'  l  i    `i 、ノ 人_( i     i `   Y  .l      /
       \  ヽ、/   l  l    ヽ `ヽ-‐' `,'     i' ̄`ヽ、└‐┘ __,.イく‐-、 ,-、
         \  i,    ヽ ヽ    ヽ  `、 i            ̄ヽ、/く冫l〈 〈 ̄  ヽ、-、
          ヽ ヽ     ヽ ヽ     ヽ、 ヽ `ー- 、      、_   <.ハ Fヽl i ト、   `i ヽ,
            ` 、ヘ      ` `、     ` ` 、    ` ヽ、_   ` 、 ヽl 'i::.`ll  ト `   ノ  .l
              `ヽ、      ` 、     `ヽ、    .r--l `ヽ、 ヽ  .`l l::.ハ  `‐i<  /
                `        `       `ー--┴イ、   ト、  `  l l::::::.ヽ  .l   ̄
                                           i ,/ ヽ    l l:::::::: i  .l
                                      /       l l;:::::: lヽ  `-、
                          _ _
              ,、         r―┐ `! ヽl ヽ
         ,r'"´l く  ヽ      l  l ,rヽ,┴┘/ ̄``7
やる夫が     l   l  ヽ  ヽ ┌‐‐┘ └'  ヽ  '‐7  / l``i
         l  └'"    l L_  _    l ,r'"  └┘  L
      _,..-‐"     ∧  l   l  l  l ∧.  | l 0 r-┐  __」 , ‐‐- 、
      l    ┌┐   l l_/  / / / i l__ノ ヽ_ノ ノ  / i' .n n  `i
       |_/|  .| |   l   /  / /  l        ヽ/  l `´ノノ  ノ
        l   | |   |   |__/ / /            ヽイヽ__/
      /  /  |  .|   _     ̄     _           _    _ _   _
     /  /  ./  / ┌┘└┐__| .|__  __| | _       ┌┘└┐ 「l| || |l7 」 Lノ└┐ノ7┌―┐ に同行する
     .|  /   |_/  フ ∧\└i .i┘//|. |ヽヽ       / 〈 /〈 .[__ __ _] 7┌/ノヽ Lノ  ̄ ̄     ようです
    .|/          「 ̄ ̄ ̄] ノ [ノ l// .|_.| ノヽゝ__n_  〈,ヘ/〈ヘ/  l l .l l  .| ┐lィイ ノ`i┌―┐
                  回 .| .| ヽ く   //  7,仁l己┌┘└┐ 三三三 |.||.|.//| ク.l,イ | ┐┌
                   ┌‐┘.| ノノヽノ //    〈ハ⊆广  ̄| .| ̄  .ノ | .|ヽ」/ノl」ノノ | |ゝ | | .」 |
                      ̄ ̄      ̄             ̄                      ̄
やる夫がかがみの奇妙な卒業旅行に同行するようです
略称 卒業旅行
作者 族長(オッサン) ◆2nSG8HzCqo
ジャンル コミック
原作 ジョジョの奇妙な冒険
舞台 2009年のイタリア→オーブ国
投下日 2009年4月21日
投下板 パート速報VIP
やる夫板II
状態 エター
最終投下日 2012年7月8日
話数 22話
主な登場人物 やる夫やらない夫伊藤誠柊かがみ泉こなた柊つかさ高良みゆきアスラン・ザラ
備考 ジョジョ風ストーリー・スタンドバトルスレの先駆
  

やる夫がかがみの奇妙な卒業旅行に同行するようですは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を原案とした漫画系長編やる夫スレ

作者は族長(オッサン) ◆2nSG8HzCqo。2009年4月21日から連載していたが、2013年3月に作者がスランプを告白し作品の一時更新停止を宣言し、その後再開されることもなくエター状態となった。

あらすじ編集

――私はこの旅行をきっかけに、運命を信じるようになる。

高校の卒業旅行でイタリアに行くことになった柊かがみ柊つかさ泉こなた高良みゆきの4人は、飛行機の中で3人の不思議な男たちに出会う。やる夫やらない夫伊藤誠、彼ら3人のスタンド使いとの出会いにより、彼女たちは巨大な運命の渦へと巻き込まれていく。

概要編集

ジョジョの奇妙な冒険』第5部以降のジョジョ世界を舞台としたオリジナル作品。

キーアイテム『矢』や登場人物『空条承太郎』など原作漫画の要素を取り込みつつ、オリジナルのストーリーとオリジナルのスタンド能力を描く。もちろん、それぞれのAAキャラクターにAAのスタンドヴィジョンを当てている。いわばスタンドバトルを題材としたやる夫スレのパイオニアであり、このスタンスは後続のジョジョスレにも影響を与えている。

やる夫スレには登場人物達の出典元作品における諸設定をそぎ落として役者として扱うタイプのスレも多いが、このスレの登場人物達は「出典元設定をある程度踏襲しつつ」ジョジョに取り込まれているというクロスオーバー的な特徴があり、それも人気要素の一つである。彼らの多くは復讐者でありさらに「心の願いがスタンド能力の性質に反映される」という傾向が強く、キャラの原作設定と共に、スレ内でのキャラ付けに寄与している[1]。結果的に、非常に多数の人気版権キャラクター達が敵味方入り乱れる構造になっている。

キャラは多いものの、タイトルにあるように主役はやる夫と柊かがみ。どちらも近距離パワー型+強力な特殊能力を持つスタンドを所有し戦闘では大きく活躍する。

ジョジョスレは町や日常の奇妙を題材にできる4部風スレが多いと言われ、特に初期のスレ群では顕著である。だがこの作品はジョジョスレの先駆でありながらその例には該当しない。激しいバトルを繰り広げながら地図上を移動していく、Part3・5系統の作品といえる。

舞台が2009年のイタリアであり、原作第5部のジョルノ・ジョバァーナグイード・ミスタらが脇役として登場する。また、第4部の主人公である東方仗助の存在も示唆されている他、第3部主人公の空条承太郎も後に正式に登場した。第6部のエンリコ・プッチによって引き起こされた、数巡後の世界(パラレルワールド)であることを作者が公言している。

評価編集

原作の良さを崩さない作風と、ストーリーの精緻さ・バトルの丁寧な描写など完成度の高さで定評がある。その反動として中盤以降一度の投下時間が8時間を超えることが常であり、1話内でも複数回の投下に分かれ、加えてそのまま15話以降は前後編にも分けられるようになり、さらには次の話が投下されるまでの間隔が数ヶ月に及ぶようになった。既に3年以上をかけて投下されてきた大長編作品であるのだが、作中においてはほんの数日間の出来事の物語である。

数あるジョジョスレの先駆けでありながら、歴代のジョジョスレの中では最多と言っても良い読者数を獲得した。かつては一世を風靡し、エタって数年たってなお、おすすめスレや外部サイトにておすすめ作品として名を挙げられることもあるほどであるが、やはり「未完」という事実をおすすめの際には注記せざるを得ない。読者側からはリアルタイム連載中から既に完走・完結が疑問視されていた。それでも人気は高く、作者による中断宣言後も多くの読者が雑談所で続きを待ち望んでいる。作者失踪により現行の避難所は作者以外がたてたものである。

ジョジョスレの先駆であるゆえに、ジョジョスレ・能力バトル長編作品が内包する課題も現れている。特にキャラクターの多さ・複雑さについては、長所と短所の両側面がある事がたびたび指摘されている。キャラは確かにこのスレの特徴ではあるのだが、膨れ上がったキャラ達と広げた風呂敷はエターになった時点でも回収しきれていない。一部の主要人物も脇キャラに食われている。

やる夫スレを評価するスレ」においても複数名の評価人により評価が行われている。

脚本家・作家の東出祐一郎がブログで言及したことがある。2009年6月、第八話時点での感想が述べられ、絶賛されている。だが〆を不安視もされていた。[2]

実質第1部完だった17話以降の展開に関しては否定的な意見も多く、その中でも19話の後半に関しては問題が多かったために、後に作者自身が黒歴史化を宣言することとなった(後述)。

主な登場人物編集

主要人物編集

  • 派亜速出やる夫 - 主人公。家族を殺され復讐を誓った青年。スタンドはザ・ニートビーツアナザーアギト)、物体の時間を巻き戻す能力と、近距離パワー型のヤルヤルのラッシュで戦う。黒曜石の精神を持つと評される。
  • 櫃不出やらない夫 - やる夫のいとこで親友。その内には狂気を秘めている。ポルナレフとは師弟関係。スタンドはディスタイム、物体を振動させる能力で、ヴィジョンは剣を持つ。
  • 伊藤誠 - スタンド絡みの案件を扱う何でも屋「FW2(Faithful world words)」の社長。やる夫・やらない夫の上司。かつてブチャラティに命を救われ、パッショーネに参加していた時期がある。スタンドはブラックタン・リリックス、舌[3]で触れた物体のサイコメトリー。
  • 柊かがみ - もう一人の主人公でヒロイン。スタンド使いの争いに巻き込まれスタンド能力が開花した。スタンドはダイヤモンドヴァージンティア・ハリベル)、物体をもろくする能力。ラッシュは「おりゃおりゃおりゃおりゃ・・・おりゃあっ!」
  • 柊つかさ泉こなた高良みゆき - かがみとともにイタリアを訪れ、やる夫の運命に巻き込まれる。スタンドに目覚め、否応なしにバトルに巻き込まれてしまう。つかさは回復能力(シュネエービッチェン)、こなたは物理干渉能力(Dドライブ・ラブ)、みゆきは精神干渉能力(ラーニングトゥフライ)のスタンドを持つ。
  • 赤木しげる - 裏カジノのメンバー。ひょんなことからこなた達と関わり、以後行動を共にする。スタンドはロシアン・ルーレット仮面ライダーキバ)、能力は賭けにおける公平なジャッジという一人歩き型。
  • アスラン・ザラ - やる夫たちの宿敵である「矢の男」。DIOの遺した矢を用いて数多くの人々の人生を狂わせてきたスタンド使い。何の目的か、大量の「復讐者」を意図的に生み出す狂人。スタンド名はメタル・ジャスティス
  • ラクス・クライン

ジョジョの登場人物編集

  • ジョルノ・ジョバァーナ - イタリアギャング「パッショーネ」のボス。矢の1本を所有している。
  • 空条承太郎 - かつてDIOを倒した、ジョースター家のスタンド使い。スピードワゴン財団から矢を追って参戦した。

その他の登場人物編集

やる夫Wiki内で「やる夫がかがみの奇妙な卒業旅行に同行するようです」を検索

用語編集

  • スタンド/スタンド使い - 基本的にはジョジョ世界観に準拠している。ただ、『出典元作品における人生をある程度踏襲しつつ、スタンド使いや復讐者になっている』『願望を反映したスタンドを持つ』などの傾向がある。
  • 復讐者 - 「矢の男」アスラン・ザラによって、家族・恋人・故郷などを皆殺しにされてなお生き残ってしまった者たちのこと。ほぼ全員がスタンド能力に目覚めており、アスランに対する復讐を「自分の手で」遂げることを本懐としている。やる夫達も「復讐者」である。一例だがL海馬瀬人水銀燈などがいる。また、阿部高和など非復讐者だが物語に関わってくるスタンド使いもいる。
  • 組織 - スタンド使い・復讐者は大抵なんらかの組織に属し数人のチームで行動している(無所属の者もいる)。
  • 復讐組合 - 「復讐者」達を支援する組合である。オーブ国のラクス・クライン麻呂ラプラスの魔などの幹部全員がスタンド能力者である。

第19話の性描写に関して編集

第19話後編において、『酒に酔うスタンドのせいで主要人物たちが勢いで性行為に及んでしまう』という軽い展開を描いた事[4]により、本スレと避難所は批判とそれに対する反論とで、大きく荒れることになった。

当初は作者も「酒に酔って書いてたけど面白かった!」と述べていたが、後日「ノリで書いて申し訳なかった」という謝罪とともに、本筋は変えずに18禁描写のみを排除した第19話後編を改めて投下しなおした。

結果、18禁版は黒歴史として扱う事となり、リメイク版を「正史」として以降の話に繋げていく事になった。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ジョジョにはスタンド=願望などという設定は無い。だがこの作品の場合は、それがキャラクターの強化に一役買っているわけである。
  2. ここでは同時に「やる夫はモグラに憧れる」「やる夫達が世界樹の迷宮に挑むようです」「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」も言及されている。
  3. イメージは誠の煽り顔AAのアレ。
  4. 事前に18禁の性描写を行うことは告知されていた。しかしこれ以前にも同様の告知を行い、その時は阿部さんによるホモ描写というオチだったため、読者に心の準備が出来ていなかったという事情もある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。