FANDOM


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとはVIPでやりたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でもVIPPERはクオリティ高いスレしか相手してくれないお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だからニュー速でやるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
やる夫
原作・出典元 2ちゃんねる VIP
性別
愛称・呼び名 例:ニュー速でやる夫、ニュー速・デ・やる夫
一人称 やる夫 俺 [1]
性格 駄目人間 お調子者 変態
特徴 丸顔 メタボ 白饅頭等様々
口調 ~だお ~お
備考 派生元:内藤ホライゾン
派生キャラ:やらない夫できる夫やる実など多数
  

やる夫(やるお)は、AAキャラクター「内藤ホライゾン」の派生キャラクターである。

ウィキペディアの項目「やる夫」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「やる夫」も参照のこと

はてなキーワードの項目「やる夫」も参照のこと

概要編集

元はニュー速民を煽る為に、内藤ホライゾンの顔である「( ^ω^)」のアップを表していた[2]。2006年7月9日にVIPに立てられたスレで「ニュー速やるお」と名付けられ[3]、後に「ニュー速でやる夫」という名前が定着し、別キャラクターとして独立していった[4]。内藤ホライゾンの、語尾に「お」を付ける口癖はそのままである。

大型と呼ばれるよりキャラを際立たせたAAも作成されている。しかしもともと現実や二次元キャラとは大きく異なる外見的特徴を持っていたため、大型化に伴いこれがより目立つようになり、人間キャラとして扱う場合は従来のものより人を選ぶものとなった。

やる夫スレ」誕生以前は、2ちゃんねるにおいては多いとされる生活ぶりの体現者等として頻繁にAA改変を重ね、一時は2ちゃんねる上でのマスコット的な扱いをされることもあった。ただしそれは極々限られた一部の界隈での話であり、AA用の板ができてからはさらに限定的になったため、やる夫スレ関係以外では2ちゃんねる登場初期のものが一部で連続的に使われているぐらいであり、世間一般的な知名度はほとんどない。


やる夫スレにおいて編集

上記概要のフルネームの変形「ニュー速・デ・やる夫」が定着している。日本人名として「入速出」「新速出」などと当て字にされることもある。その容姿から「白饅頭」「肉饅」「メタボ」、などと登場人物から言われることも多く、亀頭との類似もよく指摘される。低身長なイメージが強く、現実の人はおろか漫画キャラからもかけ離れた容姿であること、お調子者の駄目人間として使われ出したことからデブのキモオタとしてよく使われていた。このように初期設定では人に好かれたりモテる要素はほとんどない。

やる夫スレ誕生初期は「お調子者の駄目人間が契機と過程を経ていく」というあらすじが根幹にあったが、「学ぶ系」「ゲーム系」等の新ジャンルが開拓され、同時に主人公であるやる夫にも新たな属性が数多く追加されていった。それでも「エロゲーが趣味」「自堕落」「口を滑らせて建前でなく本音を発言する」等、元々の持ち味である駄目人間としての要素を備えていることが多い。

ゲーム系等の既存の人物設定にキャラクターを当てはめる作品でなく、学ぶ系やオリジナル系などの、作者自身のオリジナルシナリオの作品の場合は、やる夫の初期設定は、ニートや高校生・大学生・社会人等、いずれも登場初期は普通人かそれ以下の能力を持つやる夫が、きっかけを経て潜在能力を発揮していくパターンが多い。

初期は2chキャラと御三家以外のAA数が限られており、特に男キャラはほぼ2chキャラのみだった。またAA環境があまり良くなかったこともあり、シンプルかつ低容量のやる夫は最も多用される主人公の一人となった。やる夫スレのジャンルの拡大と共に、やる夫のキャラクター性も更に多様化し、「最初から天才でイケメン」「終始シリアスのニヒリスト」などの設定のやる夫も珍しくはなく、主役からモブに至るまで汎用的に使えるキャラクターとなった。

そのため、語尾を含め初期の設定が使われないことも多く、外見も普通・ことさらにブサイクと言われるわけではない[5]・カッコつけた台詞が似合い女キャラにモテているとした作品も珍しくない。ただし美醜逆転作品においては、もとは醜くその反作用のイケメンとして扱われるのがお約束となっている。

カップリングは多彩。黎明期は翠星石長門有希らき☆すた(いわゆる御三家キャラ)が多かったが、キャラクターAAの充実により選択肢が急増した。その先がハーレム主人公である。

詳細は「やる夫スレ」、「ジャンル」をそれぞれ参照

やる夫は全やる夫派生AAキャラクターのベースであり、(やらない夫と並んで)最もAAが充実している。そのため、特に直接似ているキャラクターは、やる夫からの小改変でパターンを増やすことができる。

脚注編集

  1. 主に08~09年代の作品には使われていた事もある。僕や私などの場合もあるので、実際は個別設定次第といえる。
  2. ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーンのガイドライン6 >>96に原型がある(2005年12月3日)。
  3. そろそろこいつの名前決めようぜ:ヌーそく
  4. だからニュー速でやるお! : AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ
  5. 版権キャラ達の中に自然にやる夫が混ざっている、あるいは複数のやる夫派生キャラを登場させることでやる夫の見た目の違和感にあえて言及させないという手法がとられたりする。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki