FANDOM


                 ___                                   ,  -─ ─-  、
                     , ´    `、                                 ,. '´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
                  ,'        ヽ                             //::./::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.:: \
                   |        |                              〈_|:://_::.:/::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:i
                   |        |                              レLL_`ト::.|::.:/::./::.::.::./l:: 、::|
                   l        |   やらない夫は聖杯に             /::.|斤ミ└-L上ー-、::/::.|::.:|: !
                V>'´ ̄``>.                             |:: l ヒソ   下ハヽ厶_ム斗:|
             ,. イ///////////,'>x          真実を求めるようです  !::.:!       込リ/::.:/::.::.: /
              \>'´/////`ir_. ──── ┐                    |::,ハ  '      /::.:/ .::. イ
           _,. - イ////////////i   「 `ヽ !.            /.!.          |::.::.:\`    /::.:/:|::.::.::.|
         l´////////////////// |  |    i |.          / |           |::.:i::.:|::.`┬ イl::./::.:|::.::.::.|
           l///////////////////..|  |..    L!  ___      /  .|. _   ___..   ∨|::.:lくフ´ ̄ |::.::.::.|::.::.::.|
         l/////////////////// |  |  /.!  /  `ヽ  /_   __/ /,. 、`ヽ.  「 ̄Ζ_∠ ̄ |::.:|::.j::.::.::.|
         l/////////////////// |  レ' .|. / (⌒i  i.  .|   |   / /  .l  i   ! 厶- 、:::\ !::.!::.|::.::.::.|
         7//////j/////////// |  r‐、 ! {  } j  |  .|   |.  l  l  .|  |   7レ'´   \:::ヽVハ:l::.イ::.:|
         //////V//////////// |  | ハ..|    /.  |  .|   |.  l └ ‐┘ _|  /      }:::::〉/ レ' |::.::|
         l////7 j/////////////i|  |、 | |.  / /.l   |  .|   |.  |  「 ̄ ̄   /      `V:::://   .|::.::|
        ノ/////!.ノ//////////// |  l  .|_|. /  / .l  |  .|   |.  |  l     /         |:://    レV
          jV/>'´////////////// |  |..    i  {__.ノ  |  .|   レ 'l.|   ゝ.____ 〈       /イ
      /ニニニニ--z//////////////ノ   ゝ.   !   /i  レ1 ∧   / \     / \__,. イ::| :|
      !////////j/////|///////└──‐┘   ゝ./ ゝ.__ノ   `ー''   `ー‐‐/   |   |   |:::| :|
   _, イ////////,'//////ハ(//\//∧////,'//////ム               ,ハ   !  .|  /::::!,ノ
   {////////////>x///>'´:i:i:i:ヽイ:i:iV//////////!              /::. \_|   |_.厶イ{
   ``ヽ///////,j|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i////////> '´              /::/::.::.:/|   |::|::.:: |∧
        V////,7j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r-V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V/////}                /::/::.::.::/|   |::|::.::.:|::.:i
       `丁´ Vl:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!Y`` ‐i             .  /::/ .::.: /::.:|   |::|::.::.::|::.:|
         {  >.}|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;|  V:i:i:i:i:i:i:i:i:!〈 (  .|              /::/::.::.: / .:: |   |::| .::.: |::.:|
         l /ト-!.!:!:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   V:i:i:i:i:i:i:i:i .フテ j             .〈_/::.::.::./::.::.::.l , , , 〉j::.::.::.|::.:|
        ヾ、ヽノ!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!   .Vi:i:i:i:i:i:i:i  l_ノノ             . 〈::.::.::./::.::.::.: `UU'::.|::.::.::.|::.:|
やらない夫は聖杯に真実を求めるようです
作者 墓穴王 ◆jtHtMr3tGQ
ジャンル ゲーム 安価
原作 Fateシリーズ
時代 近未来(2400年代)
舞台 日本
投下日 2012年6月8日
投下板 やる夫板EX
状態 完結
最終投下日 2013年8月5日
主な登場人物 やらない夫古手梨花
まとめ やるぽん!
  

やらない夫は聖杯に真実を求めるようですは、TYPE-MOONの伝奇活劇ビジュアルノベル「Fateシリーズ」を原作としたゲーム系長編安価やる夫スレ

作者は墓穴王 ◆jtHtMr3tGQ。2012年6月8日から2013年8月5日にかけて連載された。

概要編集

冬木聖杯戦争の400年後に発生したという設定で聖杯戦争を描いた安価作品。複数部による連作の第一部であるとされている。多様な番外編が投下しており、後に専用のスレも立てられている。

あらすじ編集

3年間の留学を終え、故郷である八墓村に戻ったやらない夫を出迎えたのは、無残に切り刻まれた両親の死体だった。最愛の両親を失い無気力に過ごしていたある日、やらない夫は父が生前に書き残した日記を見つける。その日記には自身が殺されること、やらない夫がこの日記を見つけること、そして聖杯戦争のことが予言されていた。日記に言われるがままにキャスター(古手梨花)を召喚し聖杯戦争に巻き込まれてしまったやらない夫は、両親が死に至った『真実』を求めて策謀渦巻く過酷な戦いに身を投じてゆく。

主な登場人物編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki