FANDOM



:. .:.:.:.:. . . .....:.:.:. ....   ..:.:.: ...    .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:... ..........   ..:. ...... .: ...
:. (⌒ 、 . .. . ::. ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  . .......:.:.:.:.:   ..:..   . ... .......:.:.:.:.:   .. ....
     ⌒) ... ..  :.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:. .:.:. ....:.:.:.... ..:.:.:.: .: .... :. .:. (⌒ 、 . ..
    )".::.    :.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:. .:.:.....    .:..  . .....:.:.. .....(⌒"  ⌒) ...
  ゞ . .:... .       . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:...:.:.   :.:.:. .:.:. ....:.:.:.......  . .(⌒
                , --ノ   :.   :.:.:. .:.:.....    .:.
              . /   (●  .:.:.:....  .....   . ..:.:.  :
         ____ /   (_ノ)   : .... :. .:. (⌒ 、 . ..
       /      \  ノ    ..:.:.. .....(⌒"  ⌒) ..
     /    ─    ─ \ヽ     .(⌒
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \    ..:.:.: ...    .. .......:.:.:.:.:.   ..:. ...... .: ...
 (___ノ\__     ___,,人___)  . ... .    .. .:.:.: ...  . .......:.:...:.:.:.:.:   .. ....
   こて  )         !       :.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:.. :. .:. (⌒ 、 . ..
     i_..j⌒\ _._.)⌒ヽ_._.)      ... ....    .. .......:.:.   :.:.:. :.. .....(⌒"  ⌒) ...
                         . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:...:.:.   (⌒
                                    ,、、
                          _∠^ヽ、    _/;:;:;:;ヽ-、
        _,、_                  _,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ="´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、_
      _,-<;;;;;¨`~\._       ,-、.,ィ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
;   ,-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-、へ/;:;:;:;:;:;:;:;:,:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、 _
  _-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_==""´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゛゙
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-">":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,- 千:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-"´:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

やらない夫は昇山に付き合わされるようです
作者 ◆t6DiLbWf06
ジャンル ファンタジー
原作 図南の翼
舞台 異世界
投下日 2012年7月7日
投下板 やらない夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年12月1日
話数 全7話
主な登場人物 真紅やらない夫新城直衛
まとめ 俺用チラシの裏
  

やらない夫は昇山に付き合わされるようですは、小野不由美の小説『十二国記シリーズ』の「図南の翼」を原作としたファンタジー系中編やる夫スレ。

作者は◆t6DiLbWf06。2012年7月7日から同年12月1日にかけて連載された。

あらすじ編集

妖獣を捕らえ騎獣にして売ることを生業とする朱氏であるやらない夫は、蓬山に向かう途中立ち寄った街の宿屋で、一人旅をしている12歳の少女、真紅と出会う。彼女は恭国の王、供王になるため蓬山に昇山しようと旅をしている途上だという。やらない夫が蓬山のある黄海で暮らす朱氏だと知った真紅は、彼を自分の護衛として雇うと言い出した。口論の末言い負かされたやらない夫は、事情により懐が寂しいこともあり、真紅に雇われ昇山に付き合うことになる。

簡易世界観解説編集

天の遣いとして、国を治める王を選定する存在を『麒麟』と呼ぶ。人間が麒麟の住む蓬山に赴き、王の資格の有無を選定してもらう為に、最も危険な場所を通り抜ける行為を『昇山』と言う。その危険な場所が『黄海』であり、人の力の及ばない凶悪な化物が跋扈している。人の身でありながら、敢えて黄海で暮らす人々をその生き方で分けて『朱氏』や『剛氏』と呼ぶ。

概要編集

原作を忠実に再現したスレ。ただし、一部の展開は演じているキャラに合わせ変更が加えられている。原作独自の要素について小まめに解説を入れたり、原作の他のシリーズ作品のネタバレになりそうな箇所は雑談所の方に投下するなど、未読の人にも気を遣った構成になっている。

主な登場人物編集

  • 真紅 - 恭国でも屈指の大商人の娘。供王となるためにやらない夫を雇い昇山を目指す少女。原作の珠晶役。
  • やらない夫 - 真紅に雇われ護衛する羽目になる朱氏。原作の頑丘役。
  • 駮(いぬ夫)- 頑丘の騎獣。
  • 李広(新城直衛) - 旅の途中で出会い何故か真紅に同行する謎の青年。
  • 近迫(阿部高和)- 昇山者達に案内役として雇われている剛氏の纏め役。
  • 聯紵台(麻呂) - 昇山者の商人。
  • 室季和(ダディクール) - 昇山者の商人。
  • 鉦担(黒沢) - 季和の随従の一人。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki