FANDOM


         .'   .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:///\\:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:; :;: :; ; :.
、     ,. '  ..,::;::;::;::;::;::;::;:////.::;;;:.\\;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;: :;: :; : :.
  "''''''" ...::::::::::::::::::::::::://.:://.::;;;;;;;;::.:.\\.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : :.
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ://.::;;.//.::;;;;;;;;;;;;;::.:.:..\\:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :: :.
:: :: :: :: :: :: :: :: : : : //.::;;./~\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :. 
: : : : : : : : : : : : //.::;;./_;,_ ,:_._\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. 
: : : / ̄ ̄ ̄//.::;;./.:;_ _;._;;,_:'_ _;\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : :.  
: : /';.、';.、' //.::;;./_ _,:,_ {i○ ,._;i,_ _,\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\: :
: /';.、';.、//.::;;./.,_ _;_ .: .   .: :;_ ,_ _;.\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、';.、∠;;;;;;/\';.'∠;;;;;;/\\
/';.、' //.::;;.∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、\ .:|il ̄li|';.\ .:|il ̄li|;.、\
';.、//.::;;./  ;.  ':: :. .:: ::: : | ̄ ̄ ̄|:,_; _;...\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、\|li_il|';.、'、\|li_il|;.、';.、\
/イ_i}:;./_, ;._ |i ̄|| ̄i|    | [.,_,.] | _, ; _ ;.\__,,,... -ー''''"~Π ;.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
/.:| i/_ _; ;_, |i_||_i|    |   .::;.|:.     ,.;|:|;.、';.、';.、';.、' i | ';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
;;;;[肖]i============================================![肖]三三三三三三三三三三三三三/
;;i;i|:::;;:i:i⌒i:::;;:i:i⌒i:::;;:ii⌒ii:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:|::: ::: :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |/
;;i;i|:::;;:i:i  i:::;;:i:i  i:::;;:ii  ii:::;;:i  i:i:::;;:i  i:i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:| i}□l□l□   i}□l□l□    {i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_____________|
 .::   .: .:.::.  .: .::.      . .:;::  .: :.          :. .:. ; |======================== |
__;,______;.,_,;__________;,;,_;_;__,:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
::::[ |,_,]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{i○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.▽"'[ |;_;]   ..::;.:...      .: .   . : .:.|
:::::|:|: | : : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: : : :γ⌒i⌒i⌒ヽ: : : : :: :: : : : : : |  i|:|: |                       |

       別荘での惨劇は悪夢への始まりに過ぎなかった───
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです
作者 ◆X/zSoLY3po
ジャンル 推理小説
原作 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
投下日 2012年9月30日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年11月11日
話数 全6話
主な登場人物 やる夫やらない夫セイバーイリヤ衛宮切嗣衛宮士郎アイリスフィール雪代巴嵐山歩鳥 etc
  

やらない夫は別荘で悪夢を見るようですは、東野圭吾の推理小説「仮面山荘殺人事件」を原作とした中編やる夫スレ

作者は◆X/zSoLY3po。2012年9月30日から11月11日にかけて連載された。

あらすじ編集

やらない夫は製薬会社の令嬢と結婚して幸せな生活を送る予定だった。しかし婚約者が運転中に崖から車ごと落ちて事故死。2ヶ月後、傷心のやらない夫を衛宮切嗣は自分の別荘に招いてくれたのだが───招かれた先の別荘の予想もしないトラブル、そして殺人事件が起きてしまう。極限の状況下でやらない夫たちは殺人事件の真犯人を特定しようとするのだが・・・?

概要編集

主人公が招かれた先の別荘で突発的な事件遭遇、そして殺人事件・・・推理小説にありがちなシナリオ展開だが、関係者の間での心理的駆け引きとわかりやすい台詞についつい引き込まれてしまう。主人公ともう一人の女性との葛藤、第三者の侵入・・・予想外の結末に読者が様々な反応を示した作品である。 現在ではスレ及び記事が過去ログごと削除されている為見る事はできない。

連載中は原作が明らかにされていなかったが、最終回で明かされた。

主な登場人物編集

  • やらない夫 - 主人公。映像制作会社社長。衛宮士郎に別荘へ招かれる。
  • イリヤスフィール - 衛宮切嗣の長女でやらない夫の婚約者。結婚式直前に交通事故死。
  • 衛宮切嗣 - 製薬会社を経営する企業の会長取締役。別荘の持ち主。企業人だが芸能や文化に関心が強い。
  • セイバー - 製薬会社会長取締役の秘書。
  • 衛宮士郎 - 衛宮切嗣の長男。イリヤスフィールの兄。切嗣氏の会社に勤めている幹部候補生。まだ30過ぎだが部長。
  • アイリスフィール - 衛宮切嗣の妻。イリヤスフィールの母親。やや病弱。登場しないが弟は教授らしい。
  • 雪代巴 - アイリスフィールの弟の娘。イリヤスフィールとは従妹であり親友で、主人公とも交友がある。
  • 嵐山歩鳥 - 推理小説家。おっちょこちょいで空気が読めない。推理好き。
  • やる夫 - 雪代巴の父の主治医。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki