FANDOM


のっとり ◆2dqejTQD8Qは、主にゲーム系作品を扱うやる夫スレ作者。

概要編集

ハンドルの由来は、やらない夫板に立てられた業者の宣伝スレ「ナカダシしちゃったw」を乗っ取り、そのまま名前を「のっとり」としたため。「やらない夫と幻の大地」ではそんなネタ的な自らの名前を伏線にした。

麻呂ビスケット・オリバ伊藤開司できない子やる蔵ミスト・レックス鋼鉄ジーグと、基本的に作品が変わるごとにアバター(作者代理AA)も変更している。作中でもマンネリ化を防ぐためか、常に意外性のあるキャスティングを心がけている。

氏の作品は物語展開が早い。表現しにくいと思われるゲームの謎解き要素はバッサリと削っており、スピード感がある。さらに執筆速度も早い。処女作「やらない夫はブリーダーになる!」は、1、2日のペースで投下していた(計9スレ、11月15日~12月18日、書き溜め無し)。[1]。一つの作品が終了してから次回作を始めるまでのサイクルも早く、「しばらく充電期間を取る、と言っておきながら翌日に新作開始」、「最終回投下の数十分後に新作第1話投下」などの伝説を残している。

ドラゴンクエストシリーズの作品は自身の過去作とのつながりを暗示する描写が仕込まれることが多い。歴代主人公であるやらない夫を始め、登場人物も使い回しが多い。サムシン(ロビンマスク)やオルゴ・デミーラ(脳噛ネウロ)は、次元を超えた同一存在である。

のっとり氏は極めて好印象な人物であり、投下終了時に必ず読者に「ありがとう」と書き込む。ノリもよく、「ガッツのワンダーランド」は元々埋めネタだったが、読者ウケがよかったため正式に長編化させた。

やらない夫と天空の花嫁」連載中の2011年7月14日を最後に、投下がストップしている。再開を宣言していたが、2013年1月の板大掃除によりスレ落ちして終了した。

作品一覧編集

ドラゴンクエストシリーズ編集

脚注編集

  1. 2作目「やらない夫とエデンの戦士達」以降は、ゲームと同時進行のため投下頻度は若干遅くなった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki