FANDOM



                            ___⊂∩⊃
                           /ミミミミミミミ|\                               , ────- 、
    , -、                 __ ___/ミミミミミミミミミ|.;.;.;\                               /      ‐- 、 \
    !   ',               Y ´.;.;.;ヽミミミ\ミミ,rz:yェュ|.;.;.; .;.;|                            /        ( ●)  `、
    ヽ.  ヽ     __        ヾ.;.;.;.;.;.;.;/.:F ̄ー-{{ rャz_}}.;.;.;.; |                         {               (●l
     ヽ   \  /´ }       .`、;.;.;/  '}   丶、ヽ,:クー'ヽ.〉.;.;.;.;|_ _                             ゝ            '   !
     r‐ヽ.  ヽノ   /         `-l.: /     >‐ゝ〃ヽl\l|ミミミ、、                           \       ー- , '
    r |   {:. ,     丿          l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!  ̄ `ミ|                   _,, -‐‐‐‐'/.. lヽ      , ____/
  . 「', \_}l   ノ-、        __ ヽ!:y=、     ヘ:りj  , ┴┴──イ               ,-‐'、  ヽ  L.::丶:::: ヽ--'` 、
   l ヽ_〕 _ イ | | \   く:;:;:;:;:;;.;.;.;_ハ:り 、   ´xXく.:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;`i                /   ヽ ..::l:::::::<´:::::l:::::ノ‐‐l.l z 、
   ` ー ' _イ   | |.;.;.;.;.;\   \;..;//⌒ヾ  _, -'´)   ヾ、;.;.;.;.;..;.:;:.;i               /  ...... l:::::::l::::::::丶  l‐'`t-l'l´  /l丶、
          |\  | |.;.;.;.;.;.;.;.;.;\___∠ ̄ `ヽー、ニ´  r '´ ̄.`゙ヽ、.;.;.;.;/             r'l...:::::::::::::::l::::::l::::  `、 l / .l/ / l .l
          ヽ__/ |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\\`丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 ヽ,,/                ./l,ヾ:::::::::::::::l:::::l    `、 .l  ./ ./   l /l
              ─ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\\.;ヽ  /   _}。 Y゙-―‥チ:〉\              /:::::`..:::::::::::::/:::/...    ヽ .l_.//   l/ .,t
                 ̄─_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\\;.;.;.;.;ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{.;.;.;;\          ./ :::::::::::::::::://:::::::::....   `y '    ./..::::.:f
                  ̄──_.;.;.;.;.;\\;.;.;.;/.;f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|.;.;.;.;.;.;ヽ、       /ミ ::::::::::::イ;;;T:::::::::::     l.0    /:::::::  l
                    \.;.;.;.; ̄| \`-´/≦三} 。  K≧イ!.;.;.;.;.;.;.;.;.;ゝ    .ト--- 、 wソ .l;;;;;l:::::::::..     .l      l::::::   l
                          \.;.;;.; |.;.;.;.;.`´.;.;.;.;.;└=' 、  /ハ.;_.;.;__ノ      r'   :::::::::::,'  .l;;;;;l:::::::::::..    .l.0    ll::::::::====ヽ
                       `、.; |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`ヽ }'.;.;.;|;.;.;|       ,'  ..:::::::::/    l;;;;;l::::::::::::::...   .l     l ヾ:::::::/二二ヽ
できる夫達は事件の真相を証明するようです
作者 ◆TRqpTAwczg
ジャンル コミック 推理
原作 加藤元浩
「Q.E.D. -証明終了-」
「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」
投下日 2011年8月16日
投下板 小さなやる夫板
やる夫板II
状態 エター
最終投下日 2013年1月6日
話数 17話
主な登場人物 できる夫金糸雀近藤勲
  

できる夫達は事件の真相を証明するようですは、加藤元浩のミステリー漫画「Q.E.D. -証明終了-」および「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」を原作とした中編やる夫スレ

作者は◆TRqpTAwczg。2011年8月16日に投下された短編「できる夫達は裁判員を体験するようです」を経て、同年10月28日から連載されていたが、2013年1月6日以来投稿が途絶え、エター作品となった。作品はサードシーズン分まで完結している。

あらすじ編集

ニューソク高校に通う天才少年・できる夫とそのクラスメートである金糸雀達が、身の回りで起きる様々な事件を解決していく。

概要編集

出題編と解決編に分けて投下されている。

原作に倣い、ミステリーものでありながら必ずしも殺人が起きるとは限らない(部室のケーキを盗み食いしたのは誰か?など)。同じ作者の二つの作品を原作としているが、基本的な設定はほぼ「Q.E.D.」の方に置かれている。

主な登場人物編集

  • できる夫 - 燈馬想役。天才少年だが、いつも金糸雀に振り回されている。
  • 金糸雀 - 水原可奈役。好奇心旺盛な少女。率先して様々な事件に首を突っ込みに行く。
  • 近藤勲 - 水原警部役。色気に弱いところもあるが、刑事としての勘は鋭いものがある。
  • 岡島緑郎 - 笹塚刑事役。近藤の部下として共に捜査を行う。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki