FANDOM


■■■   ■■■ ■■■   ■    ■ ■■■ ■■■■ ■      ■   ■■   ■■■■
■    ■ ■     ■    ■ ■    ■ ■     ■    ■ ■■    ■ ■    ■ ■
■■■   ■■■ ■■■   ■    ■   ■   ■    ■ ■  ■  ■ ■■■■ ■■■■
■       ■     ■  ■   ■    ■     ■ ■    ■ ■    ■■ ■    ■      ■
■       ■■■ ■    ■ ■■■■ ■■■ ■■■■ ■      ■ ■    ■ ■■■■
                                           /〉    〈\
                                          / /     、ヽ
                                         /         }  i
                      ドヤッ     ------        .|:.  {      /  i|
                            /      \     .|:! イ-r<>r-、イ   ii}
                                /\  _ノ`       .ト、_从〈〈《`Y´》〉〉从ノ/_ノ〉
                           (ー)  (● )      |.ト-ヽ〈i_ミトミヽ/, イゞミー'―イ           ____
                                 '__,        /..ト-≪ゝ<`´゙Y´`´><≫--イ      ///Λ
                             \    ___,/ . ∨ーr' }lY从从Ylヽゝ</  _   //////Λ
 ../\                         ___,/i__/ ∧::\  .\ハノレ´ ⌒`リノヽ_ノ  // >' /'///////,!
/(\/                   __/:::::::/:::/i:i:|   / /:::::::::`:::...._.._,r-≪≫――ァ''ア´/ ////////////|
\ Χ`ー‐ 、________    __ ...イ:::i:::::::::i//i:i:i\_/ /:::::::::::::::::::∧._}_Y´,.ィ´K⌒ヌY´ ∠/ミ///////////___
   ..> _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::「::「:::::::::::〈:::::i:::::::/ /:i:i/   /:::::::::::::::::::/::::::.  ノノ ノ〈〈 <> 〉〉//、   `ヽ///////  /
    ゝ'´  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::::::::::::::::|::::::i /:i:i/   /:::::::::::::::::::/:::::::::::. '》 〈<>〉ゝ-ァィ//、 \Λ  V// / /
         `ー――――――――――'¨〉:/ /:i:i/   /:::::::::::::::::::〈:::::::::::::::〉  乂 )/ / i { \  ∨\ ∨/ //|
                         }/i/:i:i/    |:::::::::::::::::::::∧:::::::::::∧ _/ //V〉  \/\Λ V// !i|
                          /::/:i:i/     '.:::::::::::::::::/ ∨:::::/::∧ .― '/ / \    r厶ィ_У  刈/!
                         /:::::/i:i:/       \::::::::::i   ∨/::/::∧ .< _/乃i}/\ r《∨〈     // r|
                    /:::::::::::{:i:/        \:::::{    i::/:::::::::i ..艾Жi}/\   V´∨/ \ /    i!|
                    /:::::::::::::::::i:/          i\i    }::::/::::::::.  _/ \  \Λ  \//{________ト|
                   /⌒ヽ::::::::::::/ト、______,!:::::\   ∨::::::::::::...,/     \   Λ   ∨Λ    ト|__
                     \:::厶'┤三}}三三}}三三}}::::::::::::.   i:::::::::::::::i .}       ヽ//Λ___l///ーr<二/

できる夫は心の力で戦うようです
略称 P5
作者 エレボス ◆xo75/KfIq2
ジャンル 安価
原作 ペルソナシリーズ
投下日 2011年12月31日
投下板 個人版
状態 完結
最終投下日 2012年11月20日
主な登場人物 できる夫ツナシ・タクトファサリナ
  

できる夫は心の力で戦うようですは、アトラスのRPG「ペルソナシリーズ」を原案とした安価式長編やる夫スレ

作者はエレボス ◆xo75/KfIq2。2011年12月31日から2012年11月20日にかけて連載された。

あらすじ編集

交通事故で両親を亡くしたできる夫とその妹のできる子は、南の島「音黎島」に住む叔父に引き取られることになった。島を散策中、迷い込んだ「夢喰山」で巨大な虫のような化け物に遭遇し、逃げる途中に崖から落ちてしまう。気がつくと車の中にいたできる夫はそこで、「イゴール」と名乗る青年と、「ヴィクトリカ」と呼ばれる少女に出会い、特殊な力「ペルソナ」に目覚める。そして、同じくこの島でペルソナに目覚めたファサリナとともに、無事下山する。

転入先の学校を見学中、謎の化け物「シャドウ」を倒している特別課外活動部のメンバーと出会う。特別課外活動部の理事長である「ローラ・スチュアート」によると、島の神佑地であり、シャドウを生み出している夢喰山を調査し、封印することが部の目的だという。特別課外活動部に入部することにしたできる夫だが、ファサリナに呼ばれて行った先で、「ペルソナ」や「シャドウ」を研究し利用しようというペルソナ使い達の集団「アヴェスター」と出会う。「特別課外活動部」と「アヴェスター」、二つの組織に入ることになったできる夫はそれぞれのメンバーとともに島の秘密に迫っていく。

主な登場人物編集

  • できる夫 - 主人公。ペルソナを複数所持できる「ワイルド」の能力に目覚める。

特別課外活動部編集

アヴェスター編集

  • ファサリナ - できる夫が船の中で出会った島の女性。流されるままアヴェスターに入ってしまった。
  • ゾルフ・J・キンブリー - 強力な戦闘能力、副次能力を持つ米国軍人。

夢喰島の住民編集

  • 泉こなた - できる夫の従姉妹。プラモやネトゲ好きのオタク。聖勇者コナッターノ。
  • 伊藤誠 - できる夫が岬で出会った幽霊で元特別課外活動部員。活動中にDEATHにより死亡。

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki