FANDOM


               . -―- .      やったッ!! さすがディオ!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできないことを
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ 

そこにシビれる!あこがれるゥ!
原作・出典元 ジョジョの奇妙な冒険
性別 男×2
備考 名無しモブ
  

そこにシビれる!あこがれるゥ!は、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第一部で無名のキャラが使用したセリフ。ディオに対する称賛のセリフである。

ニコニコ大百科の項目「そこにシビれる!あこがれるゥ!」も参照のこと

概要編集

ジョースター家乗っ取りを目論むディオ・ブランドー少年は、ジョナサン・ジョースターの生き甲斐を奪い、一人ぼっちのふぬけ野郎に貶めるべく、ジョジョに対して悪辣な嫌がらせを繰り返していた。その中でエリナ・ペンドルトンとジョジョが親しい関係になりつつあると知ったディオは、エリナの唇を奪い、二人を気まずくさせるという行動に出る[1]。「ズキュウウウン」の擬音と共に初対面の女の子の唇を奪うという蛮行に、それを見ていたディオの腰巾着は何故か興奮してAAのセリフを叫んだのだった。

しかしエリナは泥水で口を拭うことで「お前は泥水以下」とディオにアピールし、その上この一件を知って爆発したジョジョはディオが泣くまで殴るのを止めなかった。ディオにとっては苦い敗北となったが、結局エリナの引っ越しも相まって2人は疎遠になってしまい、和解には8年後の再会まで待つことになる。

アニメ版ではセリフの全てが少年A(AA左)によるもので、少年B(AA右)は終始無言であった。ついでに加えると少年ABの左右の位置も逆になっている。

ファンへの影響編集

使い勝手が良いので、やる夫スレのみならず、一般のスレでも頻繁に使われる。な‥‥なんだってー!!と同じく、「大騒ぎする一般人」として使用されるAAで、名前のついた役では出てこない(出しようがない)。個別キャラとしての登場自体はないわけでない。

脚注編集

  1. 現在でも絶対に許されない行為だが、19世紀の英国文化圏においては、これは強姦にも等しい凌辱行為であった。横恋慕だとか性欲だとかそんなチャチなもんじゃない、「ジョジョへの嫌がらせ」という動機だけでこの暴挙に及んだディオの恐ろしさの片鱗が描かれているシーンである。

主な作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki