Fandom

やる夫 Wiki

この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!

5,616このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

                      この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!

                              ____
                              ヽ==皇=/
                              ( ・ω・)=つ≡つ
                              (っ ≡つ=つ
                              /   ) ババババ
                                 ( / ̄∪
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
作者 ◆tkykoDx7DU
ジャンル ゲーム
原作 ロマンシング・サ・ガ 2
投下日 2010年9月28日
投下板 やる夫スレヒロイン板
状態 完結
最終投下日 2012年2月1日
話数 19話
  

この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!は、スクウェアのRPG「ロマンシング サ・ガ2」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ。物語が進むにつれ一話あたりで100レス以上の投下が数回に渡ることもしばしば有り、19話という話数から受ける印象よりもボリュームは多い。

作者は◆tkykoDx7DU。2010年9月28日から2012年2月1日にかけて連載された。

あらすじ編集

帝国歴2010年、かつて世界を支配した覇権国家バレンヌ帝国も今は一地方を支配するだけの弱国と成り果てていた。

現状を憂う皇帝、シテ・ヤンヨはかつての勢いを取り戻すべく南に進撃する。しかし、その行動は裏で糸を引く七英雄ボクオーン(やる夫)との激突を招くものだった。

概要編集

作者の前作「この世界には、なにかが足りないようです」の人気キャラクター、シテ・ヤンヨ(2ch派生キャラクター、ボコボコにしてやんよ)を主人公に置いた作品。

帝国が一度、世界を征服している。七英雄が追放されていない。いきなり最終皇帝から始まるなど大幅なアレンジが加えられており、ボクオーンが裏の主人公と称されるほど、七英雄側を濃厚に描写しているのが特徴。

主な登場人物編集

バレンヌ帝国編集

その他の地域編集

  • 薔薇水晶 - ホーリーオーダー(男)ポジション。カンバーランド王国の王女姉妹の末妹。脳筋。ヤンヨ帝の畑候補の一人。
  • 雪華綺晶 - ホーリーオーダー(女)ポジション。カンバーランド王国の王女姉妹の三女。薔薇水晶とは双子。妹とヤンヨ帝をくっつけようと画策するが……。
  • 薬売り - ステップのノーマッド。「ただの薬売り」と自己紹介したため、ヤンヨ帝に「タダノさん」と認識されてしまう。
  • 射命丸文 - ヤウダ王国の者。何故か漂着し、記憶を失っていたヤンヨ帝を拾う。ヤンヨ帝の畑候補の一人。
  • 満潮永澄 - 先代のバレンヌ帝国皇帝。ヤンヨ帝に皇帝の座を譲り、人魚と駆け落ちした。

七英雄編集

  • やる夫 - 【傀儡】のボクオーン。この作品における「裏」の主人公。
  • できる夫 - 【極天極地】ワグナス。七英雄のリーダー。
  • できない子 - 【無双】ノエル。原作ゲームのノエルは男性だが、この作品のノエルは女性として登場する。
  • できる子 - 【蟲惑】のロックブーケ。ノエルの妹。殺戮を好まない優しい性格。
  • やる雄 - 【戦鬼】ダンターグ。七英雄最強。
  • やらない夫 - 【海の覇者】スービエ。他の生物に対する蔑視感が特に強い。
  • きめぇ夫 - 【命脈】のクジンシー。作中冒頭の回想シーンで既に倒されている。

外部リンク編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia