FANDOM


___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ___________________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|ミステリー研究会|
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

かがみはやる夫たちとミステリー研究会を作ったようです
作者 ◆ztX9Axuf02
ジャンル ミステリー
原作 オリジナル
投下日 2011年4月17日
投下板 やる夫板II小さなやる夫板
状態 現行
主な登場人物 柊かがみやる夫やらない夫泉こなた水銀燈高良みゆき阿部高和
  

かがみはやる夫たちとミステリー研究会を作ったようですは、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は◆ztX9Axuf02。2011年4月17日から連載中。

あらすじ編集

親友である泉こなたに呼び出された柊かがみは、こなたとやる夫やらない夫の3人が新設する「ミステリー研究会」の会長になってくれと頼まれる。だまし討ちに近い形ながら、かがみも彼らの事情を察して引き受けた。

さらに水銀燈高良みゆきを引き入れ六人となったミス研会員は、ゆるゆるした日常を送りながらも、生徒の揉め事を解決していくトラブルシューターとなっていく。

概要編集

柊かがみやる夫やらない夫ら私立乙音高等学校ミステリー研究部を中心とするミステリー作品。内容は本編は謎解きから事件解決、他グループとの駆け引きまで幅広い展開になっている。

スレッドには本編の他に番外編や一発ネタ、短篇ネタもある。ミステリーであると同時にいわゆる学園ものであるため、登場人物が多くなっている。そこで作者が登場人物図鑑を作成しているのもこの作品ならでは。

第20話で第一部を終了し、現在は第二部を連載中である。

主な登場人物編集

ミステリー研究会編集

  • 柊かがみ - 1年C組。ミス研会長。責任感が強く、うっかりすると1人で抱え込みかねない性格。ちょっとした違和感などの感覚的な物から推理に入るタイプ。
  • やる夫 - 1年D組。推理面における中心人物。もともと推理小説好きで、論理的な思考から推理を展開するタイプ。ごく少数の人しか知らない秘密があるようだ。
  • やらない夫 - 1年D組。やる夫の親友。常識的な性格で、腕っ節は強く、素手・武器問わず戦える高い身体能力を持つ。やる夫の影響もあり推理の基本は押さえているが、応用がきかないのでそこから1歩踏み出し進むことはまずない。指示を受けて身体を動かす方が得意。
  • 泉こなた - 1年D組。かがみらをミス研に引っ張り込んだ張本人。顔が広く情報収集が得意で、出揃った情報を整理し繋げて考えることを得意とする。他人の推理に対する理解も早い。
  • 綾崎水銀燈 - 1年C組。ミス研会計。作者曰く実はヒロイン。ミス研創設を聞いて自ら入部した結果、後から来たのに会計をやるはめに。天然、しかし時折物憂げな表情を見せる。推理については、脈絡もなく急にふっと何かが降りてくるタイプ。諸事情により2年遅れで高校に入学した。
  • 高良みゆき - 1年D組クラス委員長にしてミス研副会長。かがみ同様、こなたによってミス研に引っ張り込まれた。委員の仕事や習い事などで、部活に顔を出すことは稀である。博覧強記な才女で、推理でもその豊富な知識が生かされている。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki