FANDOM


                        f^ヽ
                             |  |
                             |  レ 、
       ,.. - - ..           ,r‐'") ./、_
     /      ,.`ヽ          i >ヽィ_/ 〉
    ,r'_ミ、     ', <ヽ ヽ       ヽ  i ゝイ      なーに、便宜上はプロだが、セミプロに近いイタリアリーグで
   .i / \ ,l  /  .i  i`',       `iー-- イ
  .f l ゙、 ,.-ミ゛`"b)   ,' .i ⊥、.-i.ヽ_,、  .l ̄: : ̄ ~l     さらに最底辺のセリエA2に新規参入するチームなんて
   i l  ` ,.こ‐-.、 /  イィ .,': : :.l: : l `ヘ_j: : : : : : :.|
 ,тヽ  /  ,.、  ヽi丶', 、'.ノ\: : i: :l i 〉 ',: : : : : : |     下手をすれば日本のU-18の方が強いまであるからな
..f:|:∧/  / ̄l',  ',ノノ ノ i: :,.- `: :',: l,'/: : ヽ.: : : :. :.l
..i l./_: :"iー''、三_'i,,...ゝ<  .,i `"''ヽ: :ヽ/.: : : : : :. :. :./      気楽にやってくれて大丈夫だよ
(`ー.l_,..' ト、.f  ヽ‐イ    レ' i: : : : i: : : :/.l ̄ ̄ ー ′
.f`ー.l.: : :.l `l  ノ-'、  /   i.: : :.i : : /: :|
,': : :.ト,: :| `ー'   `''"   .l : : i: : ': : : ト、




            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l      それ聞いて逆に不安になって来たんですけど?!
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |         、            .l
.  ヽ             ___        ,'
    \.         l     j.    u  ,.'
      `'',-..,,     | r-‐''"     ,,.-''
      /  `゙"''―‐U.――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
え!!イタリアを率いてWBC優勝を!?
作者 ◆NHK4szfRLo
ジャンル 野球 安価 あんこスレ
時代 現代
舞台 イタリア
投下日 2016年8月7日
投下板 やる夫板のシェルター
状態 エター
最終投下日 2017年5月25日
主な登場人物 できる夫ヒゲオヤジアリシア
まとめ 野球のやる夫ちゃん
  

え!!イタリアを率いてWBC優勝を!?は、オリジナルの長編やる夫スレ作品。

作者は◆NHK4szfRLo。2016年8月7日から連載されていたが、2017年5月25日の投下を最後に更新が停止し、エターとなった。

概要編集

え!!弱小やきう部を率いて甲子園優勝を!?」の続編。

イタリアのプロ野球リーグで選手を育成し、最終的にイタリア代表チームのWBC優勝を目指す。

前作同様、作者が考えた独自システムで展開していく。投下板がダイス機能に対応した「やる夫板のシェルター」に移ったこともあり、選手の成長やネームドキャラの決定、対戦相手、試合経過等は、ダイス値の安価で決定されるようになった、あんこ作品。

イタリアリーグのシーズンの合間に、プロ入りした前作の教え子達のその後の活躍や成長が紹介される。また番外編として、できる夫のイタリア行きと同時期に中学進学した伊藤渚(「プロ野球人生、始めました」のやる夫の次男)を主人公にした「渚くんから熱い鯉心を感じる!」も投下されている。

あらすじ編集

ハブ工野球部監督を辞めたできる夫は、張維新の知人であるFIBS(イタリア野球・ソフトボール連盟)の伴会長(ヒゲオヤジ)の要請を受け、イタリアの新設プロ野球チーム、サンサンヨンの監督に就任する。

目的はイタリアのプロ野球選手の育成を行い、その選手を国外のプロリーグ(NPBやMLB等)に派遣することでイタリア野球全体のレベルアップを図ることにあった。

ハブ工での経験を生かしサンサンヨンを数年で強豪チームに育て上げたできる夫は、その手腕を見込まれ、WBCイタリア代表チームの監督就任を依頼されることになる。

主な登場人物編集

外部リンク編集